「体調はいかがですか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「体調はいかがですか」とは? ビジネス用語

「体調はいかがですか」とはどのような場面で使われる文なのでしょうか?

「体調はいかがですか」とは?意味

相手の体調を気遣う意味で使われます。

「体の具合はどうでしょうか」などの意味です。

メンタル面に対しても使われます。

相手に大丈夫ですか?と心配する意味です。

目上の人が体調を崩した時に、心配していますと言う意味にも使われます。

「体調はいかがでしょうか」は、より丁寧な言い回しになります。

「お加減はいかがですか」は同じ意味になります。

季節の変わり目やなど体調が崩しやすい時期などに 「体調はいかがですか」と尋ねる時にも使われます。

体調はいかがですか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

上司が体調を崩して休んでいる場合に、メールを送らないといけないとします。

そのような場合、用件から伝えるのではなく一言「体調はいかがですか」と用件よりも優先して体調を気遣う文にしましょう。

目上の人にとって失礼のないように送ることが大切です。

焦って返信しなくても良いことなども伝えておくと良いでしょう。

風邪で休んでいた社員が、出勤をした場合に「体調はいかがですか」と気遣って声を掛けることもあります。

「体調はいかがですか」を使った例文

『暑さが厳しいですが、体調はいかがですか』
『その後、体調はいかがですか』
『心配しておりましたが、体調はいかがですか』
『体調はいかがですか。一同大変心配しております』

「体調はいかがですか」の返答や返信

「ご心配いただきありがとうございます」
「ご心配をおかけして申し訳ありません」
「〇〇様こそお体に気をつけてお過ごしください」
「お気遣い感謝いたします」

まとめ

寒さや暑さなどの点から「体調はいかがですか」と言う場面にも使えます。

その場合、文章の前に季節の事柄を付け加えると良いでしょう。

メール文では「体調はいかがですか」と言う文面で始まり「無理はせずお大事にしてください」「静養なさってください」「お体に気をつけてお過ごしください」などと付け加えると良いでしょう。

相手を配慮した文になるように心がけましょう。

相手が体調を崩している場合は、無理に返信しなくても良いことを伝えましょう。

相手の健康や体調が早く回復するように思いやりのある文にすることが大切です。

メール文で送る場合、相手が体調を崩しているので、返信はしなくても良いことなどの「ご返信には及びません」の文を添えると良いでしょう。

「体調はいかがですか」は、相手のことを思いやり配慮するための言葉になります。

相手の体調を知らなくても文の最初に一言添えるだけで、気遣いのあるメール文になります。

タイトルとURLをコピーしました