「先ほどお送りいただいた資料について」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「先ほどお送りいただいた資料について」とは? ビジネス用語

ここでは「先ほどお送りいただいた資料について」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「先ほどお送りいただいた資料について」とは?

「先ほどお送りいただいた資料について」は、先方に何かの資料を送ってもらった後に、それに関して何か質問などがある場合に使う表現です。

この後に続く内容によってそれは大きく変わり、このような質問がありますといったことから、何かが足りない、これでは問題があるなどとその資料に何かしらの問題点がある場合に使われることが多いです。

特に問題はありませんでしたなどと続けることもできますが、その場合は無理にこの表現を用いる必要はないため、このように使われた際には基本的にその資料に何か手を加えたり、作り直すようなことになると考えておいていいでしょう。

ビジネスで用いられる表現ですが、少々カジュアルな使い方なため、相手によってはもう少し丁寧にして用いる方が無難です。

「先ほどお送りいただいた資料について」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「先ほどお送りいただいた資料について」は、先のようにカジュアルな面が見え隠れするため、語尾を変えて少し丁寧にした方がビジネスで使いやすくなります。

例えば、「先ほどお送りいただきました資料につきまして」のようにすると、どのような相手に対して用いても失礼になることはありません。

「先ほどお送りいただいた資料について」のまま使うケースとしては、これまでに何度もやりとりをしている相手や立場上こちらの方が上という場合が多いです。

そして、この後に続くその資料についての問題点などの記載も、「~お送りいただきました資料につきまして」のようにした場合はそれに合わせて丁寧な形にするものです。

文章で使われることがほとんどになるため、本題となる内容はしっかりとどこがどうなのかと分かりやすく記載してください。

「お送りいただきました資料につきまして」を使った例文

・『お送りいただきました資料につきまして、いくつか不明な点があります』

・『先日お送りいただきました資料につきまして、一部不足している分があると思われます』

「お送りいただきました資料につきまして」の類語や言い替え

・『ご送付いただきました資料につきまして』
「お送り」「ご送付」と変えた表現で、どちらかと言えばこちらの方がビジネスシーンに向いています。

尚、どちらを使っても実際に郵送などで送ってもらった場合から、メールに添付されていた時まで、「送る」と呼べる方法であれば使うことができます。

まとめ

「先ほどお送りいただいた資料について」は、この表現を使う前に何かしらの方法で送ってもらった資料について何かある場合に使う表現です。

何かの問題があるという場合に用いることが多く、できれば紹介したもう少し丁寧な形にして使うといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました