「先ほどはお電話をありがとうございました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「先ほどはお電話をありがとうございました」とは? ビジネス用語

ここでは「先ほどはお電話をありがとうございました」の使い方やその際の注意点などを詳しく見ていきます。

「先ほどはお電話をありがとうございました」とは?

「先ほどはお電話をありがとうございました」は、いくつかの使い方のあるビジネス向けの表現になります。

それぞれのケースを挙げていくと、まず、それ以前にもらった電話に自分が出ていて、その後にメールで連絡をする際にそれについて触れて使う場合です。

これが一番多い使われ方です。

次に、先の電話には出ることができなかったものの、電話をもらったこと自体に対して「ありがとうございました」とメールで使う場合で、こちらではそれに出られなかったことのお詫びもつけることが多く、更に、同じように電話に出られなかった時の折り返しの電話で第一声として使うという場合があります。

その他にも使えるケースがないこともありませんが、主にこの3つになり、その相手から電話をもらったことに対するビジネスでの礼儀と言える使い方になります。

「先ほどはお電話をありがとうございました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「先ほどはお電話をありがとうございました」を使うケースで、その電話に出られなかったという場合には、「先ほどはお電話をありがとうございました。

席を外しておりまして、申し訳ありませんでした」
のように、そのお詫びをつけて使うと相手の印象もよくなるというものです。

そのような場合には少し形を変えて、「先ほどはお電話に出ることができず、申し訳ありませんでした」などと使うこともできますが、そちらの場合だとお詫びの表現になってしまいます。

「先ほどはお電話をありがとうございました」は感謝の表現なので、こちらの方が相手に気を使わせることがなく、ビジネス向けの表現だと言うことができます。

「先ほどはお電話をありがとうございました」を使った例文

・『先ほどはお電話をありがとうございました。早速ですが、そちらでお話ししました通りの価格でお願いしたいと思います』
・『先ほどはお電話をありがとうございました。不在大変失礼しました』

「先ほどはお電話をありがとうございました」の類語や言い替え

・『先ほどはお電話を頂戴し、ありがとうございました』
少し堅くした形になり、相手からの電話に出ていた場合に使う表現になります。

その後でメールをする際にそれについてお礼を伝えており、このケースではこちらを使う場合も多いです。

まとめ

「先ほどはお電話をありがとうございました」は、紹介したようなケースで用いられる相手からの電話に対するお礼の表現になります。

ビジネスシーンでの礼儀として使われており、このように使って失礼になることはまずありません。

タイトルとURLをコピーしました