「先程は失礼しました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「先程は失礼しました」とは? ビジネス用語

ここでは「先程は失礼しました」の使い方やその際の注意点、正しい表現などを詳しく見ていきます。

「先程は失礼しました」とは?

「先程は失礼しました」は、この表現を使う少し前に謝るべきことがあった場合に使う表現になります。

ですが、実際にはそんなことがなくても用いることもできます。

その時には、ニュアンスとして「さっきはどうも」といった程度の意味になり、使われた相手が特に失礼を受けたと思わない時には、こちらとして使っていると考えることができます。

よって、そこまでかしこまって使っている訳ではないことが多く、ビジネスシーンで本当に失礼があった場合には、もっと思い表現を使って謝るべきです。

そのような時にこの程度の言葉で済ませてしまうのはおすすめできないので、あくまで先にあった件について少し触れた上で、この後に続く内容への取っ掛かりとなる表現だと考えておきましょう。

「先程は失礼しました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「先程は失礼しました」は、文章でよく使われますが、口頭で使っても問題ありません。

また、「先程」としていることから、日をまたぐような深夜のやりとりの場合は例外として、それに該当する何かがあった当日中に使うことが求められます。

「失礼しました」とは使っていますが、先のように本当に失礼があった時にはあまり向かない表現なので、その件に対する事後の挨拶程度の感覚で使うものです。

この「失礼しました」は、本当に失礼になるようなことはなかった時でもビジネスでは多用される表現なので、そのような使い方の1つだと考えると分かりやすいでしょう。

「先程は失礼しました」の正しい文章表現

口頭ではそのまま読めばいいだけですが、文章の場合は「先ほどは失礼しました」とした方がいい場合があります。

ビジネス文章では、できるだけ難しい漢字を使った方が引き締まっていいなどと考えてしまいがちですが、「先程」「先ほど」とした方が見た目からやわらかく、使い方からもこの表現を使う場合にはそちらの方が向いていることが多いです。

無理にそちらにすることはありませんが、そのような場合もあると覚えておくといいでしょう。

「先程は失礼しました」を使った例文

・『先程は失礼しました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします』
・『先程は失礼しました。またご一緒させて頂ければ幸いです』

まとめ

「先程は失礼しました」は、特に失礼になることがなくとも、その先の件についての事後の挨拶として使われる表現です。

本当に失礼になることがあったのであれば、最低でも語尾を「いたしました」とするべきで、これよりも適した表現がいくつかあるため、「先程は失礼しました」とはあまり使わないものです。

タイトルとURLをコピーしました