「内容確認しました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「内容確認しました」とは? ビジネス用語

メールや手紙で「内容確認しました」という文を見ることがあります。

使い方はどうするのが正しいのでしょうか。

詳しく解説していきます。

「内容確認しました」とは?

「内容確認しました」は、「内容」は物・事の中身、「確認」は確かめることです。

「確認しました」「確認した」を丁寧語にしたものです。

「内容確認しました」は、「中身を確かめた」ということになります。

メールを受信したり、書類を受け取ったりした場合に、中身を確かめた後、それを送り元である相手に対して報告するときに使用します。

「内容確認しました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「内容確認しました」はどのように使うのが正しいのでしょうか。

「内容確認しました」は、例えばメール、資料などの書類、荷物などを渡されたり、もらったりした時、送った人に対して私は中身を受け取りました、そして中身を確かめたということを知らせるために使われるフレーズです。

受領したこと、そして開封したことの2つの報告の意味があります。

ビジネスシーンでは、書類やメール、あるいは商品などの現物をやり取りする機会は非常に多いものとなります。

そのような時、相手に本当に届いているかどうかが送り元はわからないため、届いたという報告が欲しい場合があります。

特に早急に返事が欲しい、重要な物を送付した、重要な内容が書かれたメールを送った場合など、確実に届いたという連絡があると送り元は安心できます。

特に、メールの場合は電話と違って一方的な送信になりがちです。

メールソフトによっては開封通知の機能がありますが、確認したという返事があるとより確実なものとなります。

「内容確認しました」でも敬語としては間違いではないですが、より丁寧にするならば「内容を確認いたしました」とするほうが良いでしょう。

メールや文書だけでなく、電話など口頭でのやり取りにおいてもよく使われる表現です。

「内容確認しました」を使用した例文

『ご送付いただいた商品の内容確認しました。

ありがとうございました』
『昨日のメールの件、内容確認しました』

「内容確認しました」の類語や言い替え

では、「内容確認しました」を別の言葉で言い換えるならばどのようなものがあるのでしょうか。

前述した「内容を確認したしました」が最も良く使われます。

他には、物を「受け取った」ということを伝える「拝受しました」という言葉もあります。

また、口頭で伝える場合「承知いたしました」「確認した」と同義として使うことも可能です。

まとめ

「内容確認しました」はメール、書類、その他の物など、何かを受け取った場合、送り元に対し、確実に受け取りました、そして中身を確かめましたということを伝えるための言葉です。

送り元としては、確実に届いて中身を見てもらったということが分かるので安心します。

タイトルとURLをコピーしました