「分かりますでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「分かりますでしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「分かりますでしょうか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「分かりますでしょうか」とは?

「分かりますでしょうか」は、その相手から聞かれたことに対して回答した際に、きちんと相手に分かってもらえたか確認する場合、もしくはこれくらいは分かっているか確認したいという場合に使う表現です。

そのため、この前にそれらの内容がくる使い方になり、きちんと分かるのかと相手に問い掛けています。

カジュアルに表現すれば、分かるのかと聞いている訳なので、目上の人や他社の人に対して使うのはあまりおすすめできず、場合によっては失礼になってしまうので注意が必要です。

相手が今ひとつ要領を得ていないと思った場合でも、こうとは使わずに以下類語で挙げる他の形に変えた方がいいでしょう。

相手に確認をする時点で多少なりとも失礼になる可能性がありますが、それらの表現の方がその度合いが少なくなるのでビジネスではよく用いられています。

「分かりますでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「分かりますでしょうか」は、こちらの話した内容がよく伝わっていないと思った時や、少し難しい内容だった場合に確認のためによく用いられます。

口頭、文章のどちらでも使うことができますが、まずそういうことがない回答内容だった時には無理に使うことはなく、使ってしまうとこんなことも分からないと思われているのかと相手を怒らせてしまうかも知れません。

また、同じ相手への確認になる問い方でも、こちらは先のようにあまり表現的におすすめできす、一見では丁寧に見えますが、それほど敬意が表れていません。

よって、この問い掛け表現はそれほど使われている形ではありません。

「分かりますでしょうか」を使った例文

・『この節の解説を終わります。ここまでの内容が分かりますでしょうか』

・『そのビルの場所でしたら、まず国道○号線は分かりますでしょうか』

「分かりますでしょうか」の類語や言い替え

・『お分かりでしょうか』
こちらの方がビジネス向けの表現で、「分かりますでしょうか」よりも自然な聞き方です。

この形であれば、目上の人が相手でも失礼になることはあまりなく、こちらにして使った方がいい場合がほとんどです。

・『ご存知でしょうか』
同様に使える表現の中で、一番失礼になることがないと考えていいでしょう。

ですが、上に挙げた例文の最初のような使い方はできないため、何かを知っているかと問い掛ける場合にのみ使うことができます。

・『ご理解いただけましたか』
こちらは逆に、最初の例文の置き換えに使うことができます。

そのように使う場合に「分かりますでしょうか」より向いており、失礼になることもまずありません。

まとめ

「分かりますでしょうか」は、相手に確認を求めるための表現になりますが、あまり丁寧には聞こえないので注意が必要になります。

それを行いたい場合、類語で挙げたもののどれかに言い替えて使うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました