「初めてメールを送らせていただきます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「初めてメールを送らせていただきます」とは? ビジネス用語

「初めてメールを送らせていただきます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「初めてメールを送らせていただきます」とは?

「初めてメールを送らせていただきます」は、初めてメールを送る場面で使用できる言葉です。

このような場面は、前任者からの引継ぎを受けた場合などに生じます。

たとえば、後任として挨拶するにしても、まずはメールで日程調整する事になります。

このような場合に、「初めてメールを送らせていただきます」とメールの最初に記載するのです。

なお、「送らせていただきます」「送らせてもらう」を謙譲語で言い換えたものです。

このようにする事で、相手に対する敬意を示す事ができます。

また、「させていただく」とは、相手の影響により何かを実行できる様子を表現した言葉です。

これに丁寧語の「ます」を付与したのが「させていただきます」なのです。

「初めてメールを送らせていただきます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「初めてメールを送らせていただきます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、前任者から引き継ぎを受けたとします。

そのため、後任の挨拶のために、顧客にコンタクトすることにしたのです。

このような場合には、「この度、初めてメールを送らせていただきます」と述べるとよいでしょう。

これにより、自分が初めて連絡するという事を、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「送らせていただきます」の使い方に注意しましょう。

これは正しい表現ですが、使いすぎると冗長な印象になります。

例えば「お送りいたします」のように言い換えても、意味に大きな違いはないのです。

複数の表現が可能ですので、状況に合わせて上手に使い分けるとよいでしょう。

「初めてメールを送らせていただきます」を使った例文

「初めてメールを送らせていただきます」を使った例文を挙げます。

例文のように、そのままでも使用できますし、言葉を少し加えてアレンジする事も可能です。

・『初めてメールを送らせていただきます』
・『今回、初めてメールを送らせていただきます』
・『前任者からの引継ぎを受けて、初めてメールを送らせていただきます』

「初めてメールを送らせていただきます」の類語と敬語での言いかえ

「初めてメールを送らせていただきます」の類語と敬語を解説していきます。

「初めてメールを送らせていただきます」の類似表現

「初めてメールを送らせていただきます」の類似表現には、「初めてメールを送付いたします」があります。

「送らせていただく」「送付いたす」は、同じような意味で使用できる言葉なのです。

「初めてメールを送らせていただきます」の敬語表現

「初めてメールを送らせていただきます」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「初めてメールをお送りいたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「初めてメールを送らせていただきます」は、初めてメールを送る場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました