「別に予定がありまして」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「別に予定がありまして」とは? ビジネス用語

ここでは「別に予定がありまして」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「別に予定がありまして」とは?

「別に予定がありまして」は、何かに誘われた際に違う予定と重なっていると伝えるための表現になります。

よって、この後にはそれによって参加することはできないなどと続けることになり、相手からの誘いを断る為に用いられます。

本当にその予定があるかどうかは別として、このように伝えれば、相手もそれなら仕方がないと思ってくれるであろうと考えて用います。

この表現を使う時には、この前にも「大変残念ですが」などといった申し訳ないと思っている感情を伝える表現もつけるもので、相手には申し訳ないながら、別の予定と無さなっているのでそちらの期待には応えられないといったことが表現できます。

「別に予定がありまして」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「別に予定がありまして」は、そのために誘いには乗れないといったことを相手に伝えることになります。

よって、この後に続ける文言も丁寧にする必要があり、それと合わせて文章としてきちんと完成させて初めて使うことができます。

この表現は口語、文章のどちらでも用いることができるため、電話などでもよく使われており、どちらで使ったとしても相手に失礼になることはありません。

ですが、とても大事な用事だったような場合だと、表現自体とは別に、断ったこと自体が失礼になってしまうケースがないとも言えません。

これについてはケースバイケースだとしか言いようがなく、先に入っている予定が本当にあった場合には、どちらが大事なのかをよく考えた上で返答をすることを考えてください。

「別に予定がありまして」を使った例文

・『大変申し訳ありませんが、その日は別に予定がありましてお伺いするのは難しいです』

・『折角のお誘いですが、当日は出張に出ておりますので参加することはできません』

「別に予定がありまして」の類語や言い替え

・『別に所用がありまして』
この「所用」は、私用から社用まで、色々な用事をそれだと表現できる言葉です。

「予定」としても意味としては同じですが、「所用」とすることでそれについての詮索を受ける可能性が低くなります。

・『別の用事がありまして』
「用事」としてしまうと、上の「所用」とは違ってどんな用事なのかと聞かれてしまうかも知れません。

よって、こちらを使うのであれば、「予定」のままで使った方がいいでしょう。

まとめ

「別に予定がありまして」は、既に入っている予定と重なったことでその誘いには乗れないと伝えることができる表現です。

その予定に関しては聞かれることがなければ自分から伝える必要はなく、そんな予定はない場合でも断るために使われることがあります。

タイトルとURLをコピーしました