「取り急ぎお詫び申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「取り急ぎお詫び申し上げます」とは? ビジネス用語

「取り急ぎお詫び申し上げます」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使い方や敬語の用い方の徹底した解釈を行なった結果を詳しく説明します。

「取り急ぎお詫び申し上げます」とは?

「取り急ぎ」は、「とりあえず」「急いで」という二つの意味を持つ語句です。

「お詫び」は謝罪を意味する「詫び」に接頭辞の「お」がついた言葉で謝罪する気持ちを表わしています。

「申し上げます」の構成は「言う」をへりくだって相手を敬う言葉の「申し上げる」に丁寧の意の「ます」がつくことで成り立った語句です。

よってこのフレーズの意味は「とりあえず急いで謝罪の気持ちをお伝えします」という意になります。

「取り急ぎお詫び申し上げます」のビジネスにおけるメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスにおけるメールで「取り急ぎ」を用いる場合は、「このメールでは詳しい説明等は十分ではないが、とりあえず急いで連絡しています」という意です。

このフレーズは謙譲語に丁寧語が付加された語句であるため、上司や目上の人にも使えます。

ビジネスシーンにおいて、メールなどでよく使われていますが、急を要する場合に使うことが一般的であるため、緊急性のない場合に使用するのは不適切な場合がありますので注意が必要です。

「取り急ぎお詫び申し上げます」の正しい敬語表現

冒頭に副詞の「取り急ぎ」が付き、謝罪の意の「詫び」に接頭辞「お」がついた「お詫び」、動詞「言う」をへりくだった言い方にした「申し上げる」に丁寧語「ます」がついた「申し上げます」で成り立ったこのフレーズは謙譲語で、心の底から本当に謝罪している気持ちを伝える際に使われています。

同様の謙譲語として「申し訳ございません」「謝罪いたします」などがあります。

「取り急ぎお詫び申し上げます」の敬語を使った例文

このフレーズを使用した例文を以下に紹介します。

・『商品トラブルで多大なご迷惑をおかけしたこと、取り急ぎお詫び申し上げます』

「取り急ぎお詫び申し上げます」の類語・言い替え

このフレーズの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『ご心配をおかけして申し訳ございません』
・『まずは陳謝申し上げます』
・『お詫びの言葉もございません』
「申し訳ございません」はこのフレーズと同様の意の謙譲表現です。

「陳謝申し上げます」は具体的な事情を述べて深い謝罪の気持ちを表わす語句で、「お詫びの言葉もございません」は言葉では言い尽くせないほどの謝罪を込めた気持ちを持っていることを表わす語句です。

また、「取り急ぎ」の言い替えとしては「まずは」があります。

「取り急ぎ」よりは緊急性が低いですが丁寧な表現です。

他にも「一旦」「略儀ながら」「~のみで失礼いたします」といった表現もよく使われています。

まとめ

このフレーズは「とりあえず急いでお詫びを言わせていただきます」という意の敬語表現です。

「取り急ぎ」を使ってメールを送った場合は、詳細説明を後で送るなど早い段階で必ずフォローを行ないましょう。

タイトルとURLをコピーしました