「取り急ぎご連絡まで」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「取り急ぎご連絡まで」とは? ビジネス用語

ここでは「取り急ぎご連絡まで」の使い方やその際の注意点、言い替え業現などについて詳しく見ていきます。

「取り急ぎご連絡まで」とは?

「取り急ぎご連絡まで」は、急ぎの連絡の際にその最後につけ加える言葉です。

文章で用いるもので、これ以前はその内容になり、最後をこの言葉で締めるという具合で使います。

そのため、文末の挨拶だと考えることができますが、「取り急ぎ」としているように、“急いでいるので”という点を強調しており、それほど丁寧な表現にはなっていません。

つまり、「急いでいるのでこれで失礼」といった意味になり、そんな状況でも最低限の礼儀としてこの言葉を最後につけていると考えてください。

このような使い方になるため、そこまでの内容とマッチしていなければならず、いかにも丁寧に見える文章の最後につけるような使い方はしません。

よって、どちらかと言えば乱暴に見える内容の最後に用いるものです。

「取り急ぎご連絡まで」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「取り急ぎご連絡まで」と最後に使うからには、そこまでの内容は要点のみといったことがほとんどです。

日時と場所の連絡であれば、「待ち合わせの日時:○日の△時にXXの駅前」といったような表現になり、「~をお知らせします」などと丁寧な内容ではない場合に、最後にこの「取り急ぎご連絡まで」とつけることで、急ぎでこの内容をお知らせしますといった文章として完成します。

つまり、「本当に急いでいるので丁寧に書いている時間がなく、要点のみですみません」と表現できる訳です。

文章専用の表現ですが、ビジネスシーンでも度々使われており、目上の人に対しても失礼にはなりません。

ですが、初めての相手や大事な取引先などにはあまり使わない方がいいでしょう。

「取り急ぎご連絡まで」を使った例文

・『明日の待ち合わせは中止。取り急ぎご連絡まで』
・『○日に予定通りに開催。取り急ぎご連絡まで』

「取り急ぎご連絡まで」の類語や言い替え

「取り急ぎご案内まで」
この前にくる内容が何かの催しや場所などの案内だった場合には、こちらを使う方が向いています。

やはり、そこまで丁寧ではなく見える内容の最後に使います。

「取り急ぎご報告まで」
こちらは明らかに報告が内容だった場合に使うことができます。

「○○は△△と決定」のような内容だった場合に使うと合っており、やはり丁寧な内容とはマッチしないので注意してください。

まとめ

「取り急ぎご連絡まで」は、何かの内容を急いで伝えるために、その文章が要点のみになってしまったといった時に使える文末の表現です。

丁寧に内容を書く時間がある場合にはこれを使う必要はなく、それに合ったきちんとした文末で終わらせてください。

タイトルとURLをコピーしました