「在庫はございますか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「在庫はございますか」とは? ビジネス用語

ここでは「在庫はございますか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「在庫はございますか」とは?

「在庫はございますか」は、対象になるものの販売するための品があるかどうか訊ねている表現になります。

よく見られるのは、お店で手に取れたり、展示はされているものの、それが商品そのものではない時に、それを指して「この在庫はございますか」と訊ねるといった使い方です。

そのように、BtoCの場面で客になる側が販売側に伝えることになる表現のため、ここまで丁寧にはせず「在庫はありますか」という形で使われることが多く、それがあって初めて購入することができるという具合です。

特に携帯電話ショップでは、実際に手に取れるものはサンプル用で、販売用の品があるか(それが購入できるか)どうかは店員に訊ねないといけないという販売形態をとっていることが多いため、この表現がよく使われます。

「在庫はございますか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「在庫はございますか」は、その対象を複数購入したいという場合にも使うことができます。

2つ購入したいという場合は「2つ在庫はございますか」と使えばよく、その場にはないという場合にも、「来週になれば在庫はございますか」のように使うことができます。

ビジネスシーンではあまり用いられませんが、オフィス用品の業者などから販売品の一覧リストを受け取った際に、購入したいものがあって「この中の3番と5番の在庫はございますか」などと使うことがあります。

あまり文章で使われることはありませんが、そういったビジネスシーンではメールで訊ねるために使うことがあり、この時にも使う方が購入する側なので、やはり「在庫はありますか」といった形の方が合っています。

つまり、現実的にはあまり「在庫はございますか」という形のまま使われることはなく、通常よく使われる形の「在庫はありますか」を丁寧にした表現だと覚えておけばいいでしょう。

「在庫はございますか」を使った例文

・『こちらに置いてある商品を購入したいのですが、在庫はございますか』
・『これを3つほど購入しようと思っていますが、それだけ在庫はございますか』

「在庫はございますか」の類語や言い替え

・『ストックはありますか』
「在庫」はこの「ストック」と使われることがあるため、こちらでも意味は一緒です。

ただし、あまりこの言い方は一般的ではないため、無理にこのように言い替えずに「在庫は〜」のまま使う方がいい場合が多いです。

まとめ

「在庫はございますか」は、その販売用の品があれば購入したいと思って使う表現になります。

その場にはない場合でも、いつならあるかという使い方をすることができるので、何かの販売店ではよく使われている表現です。

タイトルとURLをコピーしました