「大変感謝しております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「大変感謝しております」とは? ビジネス用語

「大変感謝しております」とは?

ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「大変感謝しております」とは?

この言いまわしの「感謝」とは「ありがたく思うこと、ありがたい気持ちを表わすこと」の意です。

このことから、この言いまわしは相手から親切にしてもらったことに対する感謝の気持ちを強調したいときに用いるフレーズです。

また、冒頭につく「大変」は相手が取った行動の程度が甚だしいほどの感謝に値するものであることを言い表しています。

これにより、この言いまわしは相手に対して感謝する気持ちを相手に丁寧に、かつより強調して伝えるフレーズです。

「大変感謝しております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは相手から受けた言動に対してありがたいと思う気持ちを伝える場合に使用します。

「大変感謝いたします」とも表現できます。

実際に用いる場合として、上司からお土産をもらった、支援によって納期が守られた、協力によってイベントが成功したなどの例があります。

感謝の気持ちを表わしたい場合は、できるだ早い返信・返答が求められます。

「大変感謝しております」の正しい敬語表現

この言いまわしは「感謝」の頭に副詞の「大変」が付いて程度が甚だしいさまを表わしており、語尾に「しています」「いる」の謙譲語「おる」と丁寧語の「ます」を付けた「しております」を付加したフレーズです。

この敬語は目上の人に対して使える敬語表現となり、敬語の種類は相手に対してへりくだることで相手を敬う謙譲表現です。

「大変感謝しております」を使った例文

この言いまわしを使用した例文を以下に紹介します。

・『関係者の皆様、大変感謝しております』

「大変感謝しております」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『この度は弊社を選んでいただき、感謝しております』
・『関係者の皆様、この度はご協力いただき誠に感謝申し上げます』
・『恐れ入ります、大変申し訳ごいざません』
・『心苦しい限りですが、入荷まで少々お待ちくださいませ』
「感謝しています」「感謝いたしております」は若干敬意レベルに差異はあるもののこのフレーズはほとんど「感謝しております」と同じ意味合いになります。

「心苦しい限りです」は相手に対して申し訳ないという意がある言いまわしです。

まとめ

この言いまわしは目上の人や取引先に対するありがたい気持ちを強調する時に使います。

なお、この言いまわしの類語表現は数多くありますので、相手の立場や関係性、状況などにによって使い分けてください。

タイトルとURLをコピーしました