「季節の変わり目でございますから」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「季節の変わり目でございますから」とは? ビジネス用語

ここでは「季節の変わり目でございますから」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「季節の変わり目でございますから」とは?

「季節の変わり目でございますから」は、春から夏、及び秋から冬に季節が変わるタイミングで用いられる挨拶表現になります。

そのような時期なので、身体の調子に気をつけてくださいといった文言をこの後に続けて使うのが通例で、そこまでを合わせて定型文だと考えていいでしょう。

この表現だけだと、冬から春といったようなタイミングでも使えそうなものですが、先のようなこれから暑くなる、もしくは寒くなるという時には体調を崩すことも多いため、その心配を伝える表現となっており、その2つのタイミング以外では用いないものです。

よって、具体的には11月の中旬~下旬、もしくは6月の下旬~7月の上旬頃が使いやすい時期で、そろそろ毎日寒くなってきた、または暑さを感じるようになってきたという時に適している表現です。

「季節の変わり目でございますから」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「季節の変わり目でございますから」は、続けて相手の身体を気遣う表現をつけて使う表現で、文章の締めとして用いられます。

よって、この後には「では、失礼いたします」などという文言くらいしか続くことがなく、それまでの内容とは特に関係なく使うことができます。

定型表現のため、このように使われた側は特にこれに対して返答をする必要はなく、ビジネスシーンでも相手個人を対象に用いることができます。

文章専門で使われる表現のため、口語で用いることはなく、近年ではメールの締めとして使うことが多いですが、手紙を出し合うような仲でもタイミングが合った時によく使われています。

「季節の変わり目でございますから」を使った例文

・『季節の変わり目でございますから、どうぞお身体にはお気をつけください』
・『季節の変わり目でございますから、くれぐれもご自愛くださるようお願い申し上げます』

「季節の変わり目でございますから」の類語や言い替え

・『夏の暑さを迎える時期ですので』
この表現は春から夏への季節が移り変わる時期にのみ使える表現です。

この後に続ける文言に変わりはなく、そちら専用で使うことができます。

『日ごとに寒さが増しておりますので』

こちらは秋から冬になるタイミングで使う表現になります。

やはりこの後には相手の身体を気遣う表現を続けて使います。

まとめ

「季節の変わり目でございますから」は、春から夏、または秋から冬になる時期に用いられる挨拶表現です。

この後の文言も含めて定型文になるため、タイミングさえ合っていれば問題なく使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました