「寒い日が続きますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「寒い日が続きますが」とは? ビジネス用語

ここでは「寒い日が続きますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「寒い日が続きますが」とは?

「寒い日が続きますが」は、冬の期間に使われる挨拶表現の1つです。

冒頭の挨拶文、または文末の締めに用いるもので、この後に相手の身体を気遣う表現をつけて文章にして使います。

例として、「寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください」のような形になり、時期としては12月になってから翌2月までの長い範囲で使うことができます。

そろそろ寒くなってきた、益々寒くなってきたなどというニュアンスがなく、単に毎日が寒いと表現しているため、先のように使える時期が長いのが特徴で、冬における無難な冒頭のクッション文章、または締めの文章にうまく使うことができます。

ビジネスでは他社に対して使われることがほとんどで、文章で用いられる表現です。

「寒い日が続きますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「寒い日が続きますが」は、ビジネス文章では冬の時期における定型の挨拶表現になります。

他にも同じ時期に使えるものがいくつかありますが、前述のように使える期間が長いことからよく用いられており、難しい表現も使っていないために相手を選ばず使うことができて、失礼になることもありません。

「続きますが」としていることから、急に寒くなったといったタイミングには向いておらず、もうすっかり冬だという毎日になって使われる表現です。

そのため、時期としては12月に入ってからがよく、年明けの2月になってからの場合は先に「まだまだ」などとつけて使うといいかも知れません。

挨拶文に使う表現のため、意味はそれほど考える必要はなく、ビジネスシーン以外でも仲のいい間柄での手紙のやりとりなどでよく使われています。

「寒い日が続きますが」を使った例文

・『寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか』
・『寒い日が続きますが、お風邪など召されませんようご自愛ください』

「寒い日が続きますが」の類語や言い替え

・『寒さが身にしみる毎日ですが』
こちらも寒い毎日が続く時期に使うことができる挨拶表現です。

先に「師走の」とつけると12月限定で使える表現になり、そのような形で見掛けることも多いです。

年明けには「まだまだ」とつけて使える点も「寒い日が続きますが」と同じで、そのまま言い替え表現にできると考えていいでしょう。

まとめ

「寒い日が続きますが」は、12月から翌2月くらいの寒い時期に使うことができる挨拶表現になります。

この後に相手の身体を気遣う文言をつけて文章にして使うもので、ビジネスでもよく用いられています。

タイトルとURLをコピーしました