「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」とは? ビジネス用語

ここでは「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」とは?

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」は、明けて新年になった後に使うことができる挨拶表現です。

年によっては12月から厳しい寒さになることもありますが、そのような場合でも年内に使うものではなく、1月の中旬を過ぎて、もう新年の挨拶は使わなくなる頃から2月の中旬くらいまでの間に用いる表現になります。

そのような時期のこれから一番寒くなる、今が一番寒い頃だというタイミングに合った表現となっており、冒頭の挨拶文、または文末の締めの文章をこの表現から始めて、この後には先の場合はご機嫌伺いになる文言を、後者ではそんな時期なので身体には気をつけてくださいといった文言を続けて使うことになります。

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」は、プライベートなシーン、ビジネスシーンのどちらでも使うことができます。

季節に合った定型の挨拶表現なので、使うことができるタイミングでメール、及び手紙などで用いられることになり、口語ではまず使われません。

この手の使える時期が決まっている挨拶表現には、冒頭でのみ使えるもの、文末に向いているものなどの種類がありますが、こちらの表現はそのどちらにも使うことができ、誰に対して使って失礼になることはありません。

よって、寒中見舞いにも向いており、親しい仲での手紙やりとりでもよく使われています。

冒頭で用いる場合、相手個人ではなく、相手の会社に対して使うこともできます。

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」を使った例文

・『寒さの厳しい毎日が続いておりますが、貴社におかれましては益々ご発展のこととお慶び申し上げます』
・『寒さの厳しい毎日が続いておりますが、くれぐれもお身体にはお気をつけて過ごされてください』

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」の類語や言い替え

・『厳寒の候』
こちらも同様に、1月の中旬過ぎから2月の上旬くらいの間に使われる挨拶表現です。

文章の冒頭で使うもので、この後にはプライベートでは「いかがお過ごしでしょうか」、ビジネスであれば相手の会社全体のこととして、「貴社益々とご盛栄のことと~」などと続けて挨拶文にして用いられます。

まとめ

「寒さの厳しい毎日が続いておりますが」は、一番寒くなってくる頃からその最中までに使うことができる挨拶表現です。

1月中旬過ぎからが使うのにちょうどいいタイミングだと覚えておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました