「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」とは? ビジネス用語

ここでは「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」とは?

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」は、1年のうちに一番寒くなると思われる時期に差し掛かってきたというタイミングに使うことができる挨拶表現になります。

よって、例年気温的にその時期を迎える1月の中旬から下旬にかけてが適している時期になり、この後にそのような時期なので調子はどうですかといったご機嫌伺いになる文言をつけて冒頭の挨拶文にする、または厳しい寒さの中なのでという相手の身体を気遣う表現と共に使うという具合になります。

使い方としてはその2つになり、共に文章で用いられます。

定型表現になるため、1月の中旬から遅くとも2月の上旬までに文章で何かを伝える時の冒頭のクッション表現、または文末の締めに用いられ、特にこの表現に対して何か返答をする必要はありません。

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」は、実際にそのように感じたとしても、年内には使わない表現です。

例年一番寒くなるのは先のように1月の下旬頃で、その直前から使うのが定例となっており、その時期ならではの定型表現となっているため、もっと早く寒くなったとしても年内には用いないものです。

この手の季節ならではの挨拶表現はそのようなもので、実際の気温などに応じて多少使える時期が前後するものもありますが、この表現に関しては年内には使わないのが通例となっています。

そのため、本当に寒くなってきたのでといったニュアンスではなく、あくまで定型的に使っているので前述のようにこれに対して返答する必要もなありません。

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」を使った例文

・『寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが、いかがお過ごしのことかと存じます』
・『寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが、お身体にはくれぐれもご注意の上、どうぞご自愛ください』

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」の類語や言い替え

・『極寒のみぎり』
こちらも寒さが一番厳しくなってきたといった意味で使うことができる挨拶表現です。

ほとんど同じように冒頭の挨拶文や文末の締めとして使うことができ、「極寒のみぎり、いかがお過ごしでしょうか」「極寒のみぎり、どうぞご自愛ください」などと用いることができます。

まとめ

「寒さもいよいよ厳しくなって参りましたが」は、一番寒くなる1月の下旬を前にした中旬からその下旬にかけて使うことができる挨拶表現になります。

2月になると少しタイミングを外しているのであまりおすすめできず、年内にも使わないように注意してください。

タイトルとURLをコピーしました