「少々お待ちください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「少々お待ちください」とは? ビジネス用語

「少々お待ちください」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「少々お待ちください」とは?

「少々」は数や量がわずかなことの意で、「お待ちください」と合わせて用いる場合は時間を数量として捉えて使っています。

「少々」は名詞として使われているため、副詞の「少し」とする方が正しいという説もありますが、副詞としての用法も認められているため、間違いではありません。

「お待ちください」「待ってくれ」「待ってほしい」の意の丁寧な言いまわしです。

相手を待たせてしまう時にこの表現を用います。

ただし、丁寧語を用いた表現ではありますが本来は「〜してくれ」の意を持つ命令形の言いまわしですので、たとえ丁寧な表現とはいえ目上の人に使用するのは控えた方が無難です。

「少々お待ちください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしはメールでも使用できますが、書き言葉を用いるメールや手紙は話し言葉よりも一層丁寧に表現しないと相手に伝わりにくい傾向があります。

ただし、「少々お待ちください」は浸透した表現のため問題はありませんので、時間的にほんの少しだけ待たせてしまう場合に使用してください。

なお、「少々」よりも少し長くなる場合は「今しばらくお待ちください」を用います。

「少々お待ちください」の正しい敬語表現

「少々お待ちください」「待つ」に尊敬を表わす接頭語の「お」と丁寧語の「ください」が付き、頭に副詞的用法の名詞「少々」を合わせた言いまわしで、敬語として正しい表現です。

ただし、上述の通り「お待ちください」は本来命令形の言いまわしのため、待つことを強いるようなニュアンスを含み、横柄な印象を与えてしまうおそれがあります。

その場合は、後述の言い替え例を参考にして言いまわしを変えて使用するようにしてください。

「少々お待ちください」を使った例文

この言い回しを活用した例文を以下に紹介します。

・『その件は現在調べておりますので、少々お待ちください』
・『ただいま担当の者がそちらに向かっておりますので、少しお待ちください』
・『電話回線が混雑しておりますので、今しばらくお待ちください』

「少々お待ちください」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『あちらの席に座って少々お待ちくださいませ』
・『ただいま冷たいお飲み物をお持ちしますので、暫くお待ちいただけますか』
・『こちらのパンフレットに目を通してもらいながら、お待ちいただいても宜しいでしょうか』
「少々お待ちくださいませ」「ませ」「ます」の命令形ですが、これを用いることによって相手に柔らかな印象を与えられますので特に女性が用いることが多いようです。

「暫くお待ちいただけますか」「いただく」という敬語を使用することによって丁寧な表現となっています。

「お待ちいただいても宜しいでしょうか」「宜しいでしょうか」は問題ありませんとの意で、命令しているのではないため丁寧な表現になっています。

まとめ

「少々お待ちください」とは「今すぐ対応するので待ってくれ」という意の言葉ですが、命令形であることから失礼と捉えられる場合があります。

そのため特にメールなどでは「お待ちいただけますようお願いいたします」などに言い替えましょう。

タイトルとURLをコピーしました