「尽力いたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「尽力いたします」とは? ビジネス用語

ここでは「尽力いたします」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「尽力いたします」とは?

「尽力いたします」は、精一杯取り組みます、一生懸命に取り組みますといった解釈で使われます。

何かの作業や仕事などにそのように取り組むといった使い方になる表現で、それだけ頑張って行うと伝えるために用いられます。

ビジネスシーンでは「微力ながら」と先につけて使われることも多く、この場合、自分の力や能力を「微力」だと謙遜しながらも、それだけ頑張って取り組むと伝えており、今の自分でできる限りのことは行うと表現している用い方になります。

プライベートなシーンでも、何か大役を頼まれたような時にそれに「尽力いたします」と使うことができ、自分なりの精一杯の力で取り組みますという宣言になることから、実際にどこまで頑張ってもらえるかは分からないものの、このように使われた方としては頼もしい限りです。

「尽力いたします」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「尽力いたします」は、ほとんどの場合で文章で用いられ、ビジネスで大きな頼まれごとをしたような時に使うことが多いです。

逆にちょっとしたことに対して使うのは大袈裟になってしまうので、そのような時には向いておらず、大きな事柄をそれだけ大事だと考えて頑張ろうとしていると伝えられます。

ただし、定型表現という面もあるため、大きな事柄に対してとりあえずこのように使っておくという用い方も少なくなく、使った方がどこまで本気でそう考えているかについては何とも言えないところがあります。

ですが、このように使ったからには明らかに手を抜いたり、それなりの対応で済ませるといったことはできないため、ある程度までは本気なのだろうと解釈していいでしょう。

「尽力いたします」を使った例文

・『これからも少しでもお力になれるように、微力ながら尽力いたします』
・『御社にご満足いただけますよう、社員一同尽力いたします』

「尽力いたします」の類語や言い替え

・『全力を尽くします』
この表現を言い替えたものが「尽力いたします」だと考えていいでしょう。

よって、解釈として変わることはなく、同様に精一杯、一生懸命何かに取り組む、それだけ全力で頑張るという意味でビジネスシーンでこちらを使っている例もよく見掛けます。

まとめ

「尽力いたします」は、それだけ本気で頑張ると伝えるために用いられます。

定型表現として使う場合もありますが、その場合もこのように使ったからにはいい加減なことはできないので、基本的に意味の通りに考えている場合に使われる表現です。

タイトルとURLをコピーしました