「師走も半ばに入りましたが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「師走も半ばに入りましたが」とは? ビジネス用語

ここでは「師走も半ばに入りましたが」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「師走も半ばに入りましたが」とは?

「師走も半ばに入りましたが」は、師走と表現される1年の最後の12月もそろそろ折り返しになると表現している挨拶表現です。

そのため、12月の10日から15日くらいまでがこの表現を使える時期となっています。

今年ももうそんな時期だという意味になるので、この後にそのような時期だが調子はどうでしょうかといったご機嫌伺いになる文言を続けて文章の冒頭で使ったり、時節柄体調には注意してくださいといった表現を続けると文末の締めとして用いることができます。

定型表現と言われるものなので、そこまで意味は気にせずにそのような使い方をすることになり、使えるタイミングさえ間違えなければビジネス文章にも使える表現です。

「師走も半ばに入りましたが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「師走も半ばに入りましたが」は、口語で使うことはまずなく、先のように文章の冒頭、もしくは文末の締めに用います。

使える時期が短いため、親しい間柄のこの季節の手紙のやりとりなどでは相手がそれを読むのが12月15日以降にならないように注意して使ってください。

厳密に15日まででないといけないといったことはありませんが、それを過ぎると年末に適した表現の方が向いているため、わざわざこの表現を用いる必要がなくなってしまいます。

12月に入りたての頃はそれに向いた挨拶表現が、年末にはまたそれに向いている表現というものが存在しているため、この表現を使うのはそのどちらも適さないちょうど間になる時期で、それが合わない時に無理に用いる必要はありません。

「師走も半ばに入りましたが」を使った例文

・『師走も半ばに入りましたが、いかが過ごされていますでしょうか』
・『師走も半ばに入りましたが、寒さが増していく時期ですのでどうぞご自愛ください』

「師走も半ばに入りましたが」の類語や言い替え

・『今年もいよいよ師走を迎えましたが』
12月に入ってから10日くらいまでの間に使うことができる挨拶表現になります。

この表現が合わなくなった時期からこちらで紹介している「師走も半ばに入りましたが」が使えると考えてください。

この後には同様に、ご機嫌伺いになる文言や相手の身体を気遣う表現が続き、それらと合わせて定型文として用いられます。

まとめ

「師走も半ばに入りましたが」は、12月もそろそろ折り返しの時期だと表現しており、冒頭や文末の挨拶文に使われています。

季節の挨拶表現の1つで、この後に続く文言と合わせて定型文になり、使えるタイミングが短いながら、その時期ならではの表現です。

タイトルとURLをコピーしました