「平素より格別のお引き立てを賜り」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「平素より格別のお引き立てを賜り」とは? ビジネス用語

ここでは「平素より格別のお引き立てを賜り」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「平素より格別のお引き立てを賜り」とは?

「平素より格別のお引き立てを賜り」は、他社に送るビジネス文章での冒頭の挨拶文に用いられる表現です。

この後にはお礼になる文言を続けるのが一般的で、そこまでを含めて定型表現になるため、特に意味は考えずに使うことができます。

遭えてその意味を解釈すれば、日頃から特別に引き立ててくださいましてのようになりますが、特にそういったことがなくとも使うことができる表現で、この後に続く本題の前にもってくるクッション表現です。

他社から送られてくるメールの冒頭がこれだということも多く、これについての返答は特に必要ありません。

同様にビジネスシーンでの文章の冒頭でよく見掛けるものがあるので、以下で類語をして挙げておきます。

「平素より格別のお引き立てを賜り」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「平素より格別のお引き立てを賜り」は、相手に対して日頃の感謝を伝えている表現です。

ビジネス文章の冒頭の挨拶は、このような感謝の表現、または相手の会社を持ち上げる表現になるもので、そのような表現を使って入れば失礼になることはなく、会社としての相手との立場などに関わらず使うことができます。

定型的に使っているだけなので、メールで用いる場合にはあらかじめどこかに記録しておき、それをコピーをして使っているといったケースも多く、直接他社とのやりとりがある場合には是非覚えておきたい表現となっています。

注意点を挙げるなら、冒頭でのみ使える表現のため、それ以外の文章の途中や文末では使わないようにするという点だけです。

「平素より格別のお引き立てを賜り」を使った例文

・『平素より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます』
・『平素より格別のお引き立てを賜り、とても感謝いたしております』

「平素より格別のお引き立てを賜り」の類語や言い替え

・『貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます』
先に挙げた相手を持ち上げる方の挨拶表現になります。

「ご盛栄」は相手の会社の繁栄を願って使う言葉で、こちらも他社に対するビジネス文章ではお馴染みとなっています。

この前に「初夏の候」「晩秋の候」などといった季節ごとの表現をつけて用いられることが多く、これもビジネスでは覚えておきたい挨拶表現の1つです。

まとめ

「平素より格別のお引き立てを賜り」は、他社へのビジネス文章の冒頭で使われる挨拶表現です。

定型的に用いるものなので、特に意味を考える必要はなく、ビジネスシーンでの礼儀として使われています。

タイトルとURLをコピーしました