「年末のご多忙の折」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「年末のご多忙の折」とは? ビジネス用語

ここでは「年末のご多忙の折」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「年末のご多忙の折」とは?

「年末のご多忙の折」は、年の瀬になる12月も終わりに差し掛かったタイミングで使うことができる挨拶表現の1つです。

「折」はこの手の挨拶表現ではお馴染みで、そのような時といった意味で使っています。

年末でとても忙しい時期だと思いますがといった解釈になる文章専門の表現で、この言葉を使って冒頭、文末のそれぞれで使える挨拶文が作れます。

冒頭で使う場合、ご機嫌伺いとして「年末のご多忙の折、いかがお過ごしでしょうか」などとするもので、文末の場合は「年末のご多忙の折、お身体にはくれぐれもお気をつけください」のように相手の身体を気遣う表現にするのが一般的です。

「年末」と時期を指定してしまっているので、その他のシーズンに使うことはできませんが、先のような挨拶文は年末になるよく見掛けるようになり、ビジネスシーンでもうまく使うことができます。

「年末のご多忙の折」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「年末のご多忙の折」は、12月中旬から年末にかけての時期に使われます。

12月に入ったばかりだとタイミング的に少し早く、年が空けてしまってから使うことはできません。

そのため、使える時期がそれほどなく、頻繁に見掛ける表現でもありませんが、そのような時期に冒頭のいいクッションになったり、文章をうまくまとめられる締めに使えると考えていいでしょう。

そんな表現のため、この後に適切な文言を続けて文章として作っておき、メールの冒頭や文末につけるといった使い方をすると便利です。

「年末のご多忙の折」を使った例文

・『年末のご多忙の折、益々ご健勝のことと存じます』
・『年末のご多忙の折、お風邪など召されませんようご自愛ください』

「年末のご多忙の折」の類語や言い替え

「今年も押し迫る中」
「年の瀬が迫ってきている忙しい中」という意味になり、こちらも「年末のご多忙の折」と同じくそのような時期の挨拶表現に適しています。

ビジネスでも普通に使える表現なので、そのままこちらに言い替えて構いません。

「何かと忙しい年の暮れ」
・ビジネスにはあまり向いていませんが、使えるタイミングは一緒で、友人同士の手紙などにはこちらの方が表現的に軽く、これを使った挨拶文であれば堅苦しくなることはありません。

まとめ

「年末のご多忙の折」は、12月中旬から年末にかけて使うことができる挨拶表現です。

ビジネス向けの表現なので、これを使って定型文として完成させたものを用意しておくと、そのシーズンに役に立つことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました