「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」とは? ビジネス用語

ここでは「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」とは?

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」は、翌日以降に時間を作ってもらいたいとお願いするために用いる表現です。

よって、そのような必要があって使うことになりますが、多くはビジネスシーンでその日のうちに何かが決まらなかった、相手にその日は都合が悪いと言われたといった場合です。

口語、文章のどちらでも使える表現で、口語で使う時にはその場で直接相手に伝える場合が多く、何かが決まらなかった場や都合が悪いといわれたその時に使うことが多いです。

相手に時間をとってもらいたいとお願いしている表現のため、それをしてもらえるかどうかは相手次第になりますが、ビジネスでは相手が使った方に対してもう結構だと思っているような場合でない限り、それを行ってもらえると考えていいでしょう。

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」と使った時には、その翌日以降にとってもらう時間については相手に一任していることになります。

よって、ではこの日のこの時間にと伝えられた日時に今度はこちらの都合が悪いというもあるものです。

そのような場合には対応が難しく、こちらからお願いして時間を作ってもらったのに、それではこちらが都合が悪いとは言いにくいためです。

それを防ぐために、「翌日以降の午後でしたらいつでも構いませんので~」などと先につけて、いつと言われても大丈夫だという使い方をすることができます。

特にビジネスシーンでは、相手から伝えられた日時に都合が悪いとはなかなか言えないものなので、このような用い方をするといい場合が多々あります。

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」を使った例文

・『本日決定には及びませんでした残りの部分を決めたいと思いますので、後日改めてお時間をいただけないでしょうか』
・『来週でしたらいつでも構いませんので、後日改めてお時間をいただけないでしょうか』

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」の類語や言い替え

・『日を改めてお時間を作っていただけないでしょうか』
このような形にしても意味としては一緒です。

どちらも変わるものではないので、こちらを使っても同じことを伝えることができ、口語、文章のどちらでも用いることができます。

まとめ

「後日改めてお時間をいただけないでしょうか」は、翌日以降に時間を作って欲しいと伝えるために使われます。

このように使う理由はその日の続き、またはその日では相手の都合が悪かったことからになり、こちらの都合が悪い日時があればそれを添えて使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました