「心ばかりの品で恐縮ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「心ばかりの品で恐縮ですが」とは? ビジネス用語

「心ばかりの品で恐縮ですが」とは?

メールや会話での使われ方や敬語の使い方を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「心ばかりの品で恐縮ですが」とは?

このフレーズは、贈り先に対して何かをおくり物として手渡す場合に使われるフレーズです。

「心ばかりではありますが」などと言われる表現と同様の意です。

このフレーズの中の「心ばかり」は漢字表記で「心許り」と記述し、「立派な物ではありませんが」とか「ほんの気持ちですが」という意を表わしますが、心が籠もった物だけを選んでいるというニュアンスがあり、おくり物として手渡す品物は高価な物ではないけれども、私の思いが籠もった物ですという意味合いを含んでいます。

なお、「恐縮」は申し訳なく思うことの意で、「です」は丁寧語、「が」は接続助詞です。

よって「心ばかりの品で恐縮ですが」は、「ほんの気持ちでたいした物ではなく申し訳ありませんが」という意となります。

「心ばかりの品で恐縮ですが」のメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

このフレーズはおくり物を手渡す時に使われる謙遜したフレーズです。

手渡すおくり物はおみやげ、お菓子、金品を渡すときに使えます。

ただし、贈り先が負担に感じるような高額なおくり物に対してこのフレーズが用いられると嫌みに思われますので注意が必要です。

また、この語句は目上の人に対してのみ用いられる語句です。

さらに自分が渡すプレゼントに対して用いるのであって貰った物に対しては使えませんので注意してください。

「心ばかりの品で恐縮ですが」の正しい敬語表現

このフレーズは、自分のことをへりくだらせることにより贈り先を敬う謙譲表現です。

おくり物を渡すときの定番のフレーズですが、使い方を誤ると自分を自慢するような表現になることがあります。

この語句は思いの一端を表わしただけで、この品物では自分の思いを表わしきれないという意味が込められていることを理解しておいてください。

また、このフレーズの中の「恐縮」には贈り先に対して敬意を払うという意がありますので、合わせて贈り先を敬う謙譲表現ということです。

「心ばかりの品で恐縮ですが」を使った例文

このフレーズを使用した例文を以下に紹介します。

・『心ばかりの品で恐縮ですが、どうぞお納めください』

「心ばかりの品で恐縮ですが」の類語・言い替え

このフレーズの類語・言い替え例を以下に紹介します。

・『つまらないもので〜』
・『ほんの気持ちで〜』
・『粗末なもので〜』
「つまらないもので〜」は贈り先への謙譲の気持ちを表わすフレーズです。

「ほんの気持ちで〜」は贈答品に添える敬語としてよく用いられています。

「粗末なもので〜」もこのフレーズと同義ですが、「粗末」という語句にネガティブな印象を持つ人がいるため、あまり用いられません。

まとめ

このフレーズはおくり物を手渡す時に、自分をへりくだるという日本人ならではの気遣いが表われた敬語表現です。

ビジネスの場でもよく用いられますので、正しい使い方をマスターして上手に活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました