「急な連絡となり」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「急な連絡となり」とは? ビジネス用語

ここでは「急な連絡となり」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「急な連絡となり」とは?

「急な連絡となり」は、この表現と共に伝える内容が唐突なものの場合に、その前置きとしてつけるのが礼儀となる表現です。

つまり、こんな内容をいきなり、今になってお伝えすることになってしまいましたといった解釈になると考えると分かりやすく、いわゆるクッションとして用いられます。

どのような時に使うのかと言えば、翌日の待ち合わせについての連絡をその前日の午後になって知らせるような場合や、いつもと同じ品物の請求金額が変わることをその発注の締め切り間際になって伝えるといったケースなどで、本来ならもっと早く伝えていなければいけなかったが、それが今になってしまったというシチュエーションです。

尚、それを詫びる意味は含まれていないため、そちらは別につけ加えないといけません。

「急な連絡となり」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「急な連絡となり」は、そのようになってしまったというお詫びの表現と共に使われることがほとんどです。

多くの場合でこのすぐ後に「申し訳ありませんが~」といった文言を用いるもので、何かを唐突に相手に伝えないといけない時に仕方なく使うことになります。

よって、できれば使うことがないに越したことはありませんが、ビジネスではそういったケースもままあるもので、そのような時のために下の例文を参考にして、きちんとした使い方を覚えておきましょう。

尚、ほとんどの場合で文章で使われますが、口語でも使えないこともありません。

その場合には、口調を少し柔らかくするために語尾に「まして」とつけるのが望ましい形です。

「急な連絡となり」を使った例文

・『急な連絡となり、大変申し訳ありませんが、明日の午後3時からの開始となりました』
・『先日の件ですが、今週末が締め切りとなります。急な連絡となりまして申し訳ありません』

「急な連絡となり」の類語や言い替え

・『突然のご連絡となり』
見た目から似ている表現ですが、少々意味合いが異なり、初めての相手に対してメールを送る場合によく用いられます。

その場合、無礼を承知での連絡ですといった意味になり、それまでに何度かやりとりがあった相手にはあまり使うことはありません。

「急な連絡となり」の言い替えになるケースもありますが、そちらとは少し違う使い方になります。

まとめ

「急な連絡となり」は、本来ならもっと早く連絡するべきですがといった意味で使います。

それを申し訳ないと思うお詫びの表現と合わせて用いるもので、これを使わようなことにはならないのが一番です。

タイトルとURLをコピーしました