「急の件ではありませんので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「急の件ではありませんので」とは? ビジネス用語

ここでは「急の件ではありませんので」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「急の件ではありませんので」とは?

「急の件ではありませんので」は、急ぎではないと伝えるために使われる表現です。

このままで用いても意味は通りますが、あまり見掛けることがない使い方なので、できれば以下で類語として挙げるものに言い替えた方がいいでしょう。

そこで気になるのは、こちらの「急の件ではありませんので」の方がストレートに急いでいないと表現しているのに、どうして遭えて解釈が必要になるような言い方の方が向いているのかといった点ですが、ビジネスではそういったことがよくあるものです。

いわゆるビジネス用語と言われるもので、この表現はあまりそれとしては適していないため、できれば用いない方が無難です。

「急の件ではありませんので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「急の件ではありませんので」は先のように、あまりビジネスには向いていません。

繰り返しになりますが、同じことを伝えるにもビジネスに向いた表現というものがあるので、このように使うのであれば、意味そのものの「急ぎではありませんので」としてしまった方がまだ向いています。

社内の連絡であれば、急いでいないと伝えるのにそれほど表現を考える必要もなく、上の「急ぎではありません」で十分ですが、他社に使うとなると、それなりの言葉を用いて言い替えるのが礼儀となります。

これは、口語、文章のどちらで使う場合でも同じです。

「急の件ではありませんので」を使った例文

・『急の件ではありませんので、お気づきになられましたらご連絡いただけますと幸いです』
・『急の件ではありませんので、十分にご検討の上、お知らせいただければと思います』

「急の件ではありませんので」の類語や言い替え

・『急を要してはいませんので』
こちらもあまりビジネスシーンで他社に対してつかうのに向いているとは言えませんが、意味としては同じことを表すことができます。

・『お手すきの時で構いませんので』
急いでいないと相手に伝える表現では、これが一番ビジネスシーンに向いています。

このように伝えれば失礼になることもなく、スムーズに急ぎではないということを伝えることができます。

・『お時間のあります時に』
こちらもビジネス向けの表現です。

このような表現はどれか1つに拘ることはなく、「急ぎではありませんのでお時間のあります時に~」などと使うことができるので、都度適切な形にして用いてください。

まとめ

「急の件ではありませんので」は急いでいないということを相手に伝えるための表現です。

ビジネスで使う場合にはあまり向いていない形なので、類語として挙げた「お手すきの時で~」「お時間の~」と言い替える方がよく、それらをうまく使い分けるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました