「手落ち」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「手落ち」とは? ビジネス用語

ここでは「手落ち」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「手落ち」とは?

「手落ち」は、ついうっかり間違えてしまったことを表現する言葉になります。

その場での過失という意味になるため、計画を立てて行動していたような場合には、それに間違いはなく、いざ実行という段階で失敗してしまったというケースに使われる言葉です。

使い方としては、「本番で手落ちのないように」などとなり、きちんと気を引き締めていれば防げる(防げた)失敗のことを指して使われます。

よって、「手落ちがあった」と用いられた時には、防げたはずの失敗をしてしまったのだと分かり、不可抗力などではなく、ヒューマンエラーによって起こってしまった失敗といった意味にもなるということです。

そのため、ビジネスでは大事なシーンでは決してこれがないようにと念を押されるような使い方がよく見られます。

「手落ち」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「手落ち」は、基本的に使う側にそれがないように、それがあったなどと用いられる言葉です。

つまり、自分たちにそれがあってはならない、あったかも知れないといったような使い方になり、相手側の失敗に対してはあまり用いることはしません。

それは、うっかりのミスながら、人に対して使うのは失礼になってしまうためです。

しかしながら、「あれは先方の手落ちだね」などと身内のみで使う場合がままあり、本来は相手に対して使うことはしない言葉ながら、こっそりと使うケースが見られます。

このような使い方も、直接相手側に伝えてはいないため間違いという訳ではなく、ビジネスシーンでも少なくありません。

口語、文章のどちらでも用いることができますが、文章の場合はそれが残ってしまう懸念から、相手側に対して使うことはあまりしないものです。

「手落ち」を使った例文

・『肝心なところに手落ちがあった所為で失敗してしまった』
・『手落ちがあってはいけないので、間違いのないように確実に行動して欲しい』

「手落ち」の類語や言い替え

・『手抜かり』
こちらの言葉は、見通しの甘さや計画の不備からの失敗を表すために用いられます。

つまり、起こるべくして起きてしまった失敗だという意味になり、うっかりミスと言える「手落ち」とは少し違うニュアンスになります。

「手抜かりのないように」と使えば、事前の計画段階からしっかりとするようにと言っており、「手」をつけずに「抜かり」と使った時にも同じ意味になります。

まとめ

「手落ち」は、つい失敗してしまう、しまったことを表すための言葉です。

そこまでのプロレスに問題は無かったものの、本番で失敗してしまったというケースに用いられ、当日にはそれないようにといったような使い方が多く見られます。

タイトルとURLをコピーしました