「拙い文章で申し訳ありません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「拙い文章で申し訳ありません」とは? ビジネス用語

ここでは「拙い文章で申し訳ありません」の使い方や言い替え表現などについて、詳しく見ていきます。

「拙い文章で申し訳ありません」とは?

「拙い文章で申し訳ありません」は、文章で相手に示した内容がうまくなかったといった時に使います。

ですが、そうとは思っていなくとも、最後に礼儀のような形でつけることも多く、そこまで意味を深く考えることもありません。

ただし、その文章について相手から何らかの指摘があった場合には、本来の意味として使うことになります。

そのどちらであっても表現的には同じで使い方も変わらないので、このような場合に使うものだと覚えておけばいいでしょう。

口語で使う時には「拙い」「つたない」と発音するので、そちらも合わせて覚えておいてください。

文章ではそのまま「拙い」と使い、無理に砕いて「つたない」とすることはありません。

「拙い文章で申し訳ありません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「拙い文章で申し訳ありません」は先のように、自らの文章に対してその締めとも言える使い方と、本当にそう思って使う場合があります。

問題は後者の時に、この表現の後に指摘されたことに対してきちんとした内容の返答ができるかです。

例えば、分かりにくい表現があったという指摘に対しては、それについてもっと分かりやすい解説が必要になるという具合で、この表現自体は簡単に使うことができますが、それに続く内容の方が大切です。

メールなどの文章で使う時には返信までの間にそれを考える時間があるのでいいですが、口頭の場合に困らないように、何かを文章で伝えた際にはそれについて何を問われてもいいように、常にある程度の準備をしておくことが大切です。

「拙い文章で申し訳ありません」を使った例文

・『説明は以上です。拙い文章で申し訳ありません』
・『拙い文章で申し訳ありません。ご指摘の点ですが、こちらの説明不足でした』

「拙い文章で申し訳ありません」の類語や言い替え

「拙文で申し訳ありません」
「拙い文章」「拙文」と略してしまう表現です。

こちらは「せつぶん」と発音し、「拙い文章で申し訳ありません」と同様に、口頭、文章のどちらでも使うことができます。

使えるシーンや意味は全く同じなので、どちらを使っても構いません。

「拙い説明で申し訳ありません」
該当する文章が明らかに何かについての説明だった時には、こちらを使っても構いません。

その場合は意味としては同じなので、その後に対応についても変わることはありません。

尚、この「拙い説明」「拙説」とは略さないので、そのまま使ってください。

まとめ

「拙い文章で申し訳ありません」は、自分の文章の後に礼儀としてそのようにつける場合と、相手に指摘されたことに対して使う場合があります。

後者ではこの表現だけでは終わらないので、その後に続く内容をきちんと考えて伝えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました