「改めてご連絡しました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「改めてご連絡しました」とは? ビジネス用語

「改めてご連絡しました」という文は正しい敬語なのでしょうか?

意味や正しい使い方などを解説していきます。

「改めてご連絡しました」とは?

「改めて」は、「また」「のちに」という意味です。

「ご連絡しました」「連絡する」の過去形「連絡した」の頭に「ご」を付け、語尾を「しました」に変化させ丁寧語にしたものです。

「改めてご連絡しました」は、(以前に一度連絡はしているが、何らかの理由により)「また連絡しました」という意味のフレーズです。

「改めてご連絡しました」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

では、「改めてご連絡しました」の正しい使い方について解説していきます。

「改めてご連絡しました」は、ビジネスシーンでは、その前に何らかの理由があって連絡がとれなかった、あるいは一度連絡しているものの、確認したい事項があったり、伝え忘れていたこと、追加したい情報があって再度連絡をした場合などに使うフレーズです。

主にメールで使用されることが多い言葉ですが、電話など口頭で伝える場合も使われます。

相手を選ばず、目上の人、取引先など社外の人に使っても問題はありません。

「ご連絡しました」でももちろん間違いではなく、正しい敬語なのですが、より丁寧な印象を与える「する」の謙譲語である「いたす」を使った「ご連絡いたしました」や、「与える」という意味の「差し上げる」に替えて「ご連絡差し上げました」が使われるケースが多いでしょう。

「ご連絡させていただきました」としても間違いではないのですが、「させていただく」は相手の許可が必要な場合に使用するものとなっています。

「させていただく」を使わないほうがシンプルで、すっきりとした文面となりやすいので、あまり頻繁にこの表現はしない方が良いでしょう。

「改めてご連絡しました」を使用した例文

『先日ご案内した件、情報が更新されましたので、改めてご連絡しました』
『先ほどお電話いたしましたが、ご不在でしたので改めてご連絡しました』

「改めてご連絡しました」の類語や言い替え

では、「改めてご連絡しました」の別表現にはどんなものがあるのでしょうか。

「改めて」は、「のちほど」「また」という意味がありますが、「ご連絡しました」は過去形なので、「再度」「もう一度」が適した言い替えとなります。

また前述した通り、「ご連絡いたしました」「ご連絡差し上げました」とするとより丁寧な印象を与えられます。

まとめ

「改めてご連絡しました」は、以前に何かしら連絡を取ったが、その時は連絡がつかなかった、または新たに伝えたい情報が増えた場合に連絡をしなおす際に用いる言い回しとなります。

より丁寧な印象の「ご連絡いたしました」「ご連絡差し上げました」という表現も使われる機会が多いものとなります。

タイトルとURLをコピーしました