「新たな門出にあたり」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「新たな門出にあたり」とは? ビジネス用語

「新たな門出にあたり」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「新たな門出にあたり」とは?

「新たな門出にあたり」は、新しい出発の場面で使用できる言葉です。

「門出」「かどで」と読みます。

これは、「出発」を意味する言葉です。

旅などに出発する際に、まず家の門を出ます。

そのことを「門出」と言い表しているのです。

また、ここでは「新たな門出にあたり」と表現しています。

つまり、「新しい出発に際して」、何かを述べようとしていると分かります。

たとえば、「新たな門出にあたり心を入れ替えました」のように、後半部分を付け加えて使用するとよいでしょう。

「新たな門出にあたり」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「新たな門出にあたり」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、転職して新しい仕事に就くことになったとします。

そのため、色々と準備を整えたのでした。

このような場合には、「新たな門出にあたり準備を整えました」と述べるとよいでしょう。

これにより、新しい出発に際して準備を整えたことを、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「門出にあたり」の使い方に注意しましょう。

これは「門出に際して」「門出にあたって」などで置き換える事ができます。

どれも同じような意味ですが、印象の違う表現になるのです。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「新たな門出にあたり」を使った例文

「新たな門出にあたり」を使った例文を挙げます。

例文のように、前段の内容に見合った言葉を、続けて述べるようにするとよいでしょう。

・『新たな門出にあたり、しっかり準備を整えました』
・『新たな門出にあたり、心を入れ替えたいと思います』
・『新たな門出にあたり、体制を大きく見直しました』

「新たな門出にあたり」の類語と敬語での言いかえ

それでは「新たな門出にあたり」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「新たな門出にあたり」の類似表現

「新たな門出にあたり」の類似表現には、「新たな出発にあたり」があります。

「門出」「出発」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「新たな門出にあたり」の敬語表現

「新たな門出にあたり」を、敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「新たな門出にあたりまして」のように言いかえできます。

この場合は、丁寧語を使った敬語表現になるのです。

まとめ

このように「新たな門出にあたり」は、新しい出発の場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました