「早々に」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「早々に」とは? ビジネス用語

「早々に」とは?ビジネスメールや会話での使われ方や敬語の使い方を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「早々に」とは?

「早々」「そうそう」または「はやばや」という二種類の読み方ができます。

どちらも「急いで物事を行なう様子を表わしますが、「そうそう」「~の直後に」という意を含む言葉です。

一方、「はやばや」「いつもより早く」という意を含む言葉です。

さらに後に続く助詞によって読み方や使用方法、ニュアンスが違ってきます。

「そうそう」には「に」がついて「そうそうに(早々に)」「はやばや」には「と」がついて「はやばやと(早々と)」となります。

「早々に」のビジネスにおけるメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言いまわしは急いで物事を行なう様子やある状態の直後に行なう様子を表わします。

ビジネスの場面では自分が急いで行なうことを伝える場合や、相手の迅速な行動に感謝するケースで用いる場合が主です。

「早々に」をつけることで、緊急度や重要度、相手に対しての感謝の気持ちの大きさがより伝わります。

ただし、この言いまわしには「急いで行なう」というニュアンスがあるため、目上の人に用いると急かしているようで失礼にあたる場合があるため、この場合使うのは控えましょう。

「早々に」の正しい敬語表現

「 早々に」自体は敬語ではありませんが、後に続く文を敬語にすることで対応できます。

「早々に」を用いる場合は、「早々のご対応ありがとうございます」といった使用方法が敬語としての正しい表現です。

なお、「早々に」は前述のように目上の人に用いると失礼にあたるため、その場合は「早急に対応いただきまして~」のような表現が正解です。

「早々に」を使った例文

「早々に」を使った例文を以下に紹介します。

・『早々に対応致します』
・『早々にご対応いただきまして誠にありがとうございます』
・『台風が接近していたので、私たちは早々に退社することにした』
・『出社早々に申し訳ないが、~』

「早々に」の類語・言い替え

この言いまわしの類語・言い換え例を以下に紹介します。

・『迅速に対応致します』
・『早急に対策を講じます』
・『至急ご確認ください』
・『その方法が直ちに成功につながった』
・『速やかに決断する』
「迅速に」は素早く行動するという意、「早急に」は今すぐにやってもらいたいとの意、「至急」は非常に急ぐことの意、「直ちに」は時間的な間をおかず行動することの意、「速やかに」は時間をおかず行動を起こす様子の意を表わします。

まとめ

「早々に」は特に相手が迅速に行動してくれた時や忙しい中で動いてくれた時に使用すると非常に効果的です。

この言いまわしの使用だけでなく、メールの返信や対応なども「早々に」できる人になりましょう。

タイトルとURLをコピーしました