「早いうちに」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「早いうちに」とは? ビジネス用語

ここでは「早いうちに」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「早いうちに」とは?

「早いうちに」は、あまり時間の経たないうちに、と解釈される表現です。

このように使った時点を起点にしている表現のため、「早いうちに行かれることをおすすめします」と使った時には、今からあまり時間の経たないうちに行くようにと勧めており、このような使い方が多く見られます。

具体的にどれくらいのうちにといった言及はしていないため、あくまで感覚的なものになりますが、“なるべく早く”といったニュアンスが含まれていると考えてよく、誰かに対して使うだけでなく、自分のことにも用いることができます。

その場合には、「これだけは早いうちにやっておかないといけない」などという使い方になり、自分自身にそうしないといけないと言い聞かせるような用い方がほとんどで、そのような独り言になる場合も少なくありません。

「早いうちに」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「早いうちに」は、その方がいいのかといった問い掛けにも使うことができます。

誰かに対してそうした方がいいのかと聞く時に用いることも多く、ビジネスシーンでも「早いうちに行った方がいいですか」のような使い方をよく見聞きします。

口語、文章のどちらでも使われている表現ですが、口語に向いているため、文章ではあまり使われていません。

そもそも見た目からカジュアルな表現のため、ビジネスシーンでも先のように使われることがあるものの、上司や目上の人に対して用いるにはあまり向いておらず、使うとしても同僚や後輩といった相手のことが多くなり、友人同士などで気軽に使われている表現なので、あまりビジネスユースは考えない方がいいかも知れません。

「早いうちに」を使った例文

・『早いうちにやっておかないと、後で大変なことになりそうだ』
・『早いうちに行きたいと考えていますが、そのための時間がとれない状態です』

「早いうちに」の類語や言い替え

・『早々に』
「早いうちに」と同様に、速やかにと表現できる表現になります。

「早いうちに行かないと~」は、「早々に行かないと~」と言い替えることができ、文章向けの表現となっているため、そちらで使う場合に、そして、ビジネスシーンでもこちらがよく用いられています。

まとめ

「早いうちに」は、なるべく早くというニュアンスで用いる表現で、時間が経たないうちに何かをするべき、どこかに行くべきといったシチュエーションで使われます。

口語向けでカジュアルな表現のため、ビジネスよりも親しい仲で使われることが多くなっています。

タイトルとURLをコピーしました