「早期に」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「早期に」とは? ビジネス用語

ここでは「早期に」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「早期に」とは?

「早期に」は、早いうちにと解釈して使われる言葉です。

「早期に解決したいと考えています」などという使い方になり、そのまま“早いうち”に置き換えて意味が通じることがこの言葉を使える条件になります。

「期」としていることから、早いとは言っても数日単位の話ではなく、もう少し長い期間が掛かる、それが必要だといった時に用いられます。

早くてよかったといった使い方をすることもでき、「早期に発見できたのが不幸中の幸いだった」のような例がそれにあたります。

この場合、何かの進行が始まってから比較的早くそれが行えたという意味になり、やはり「早いうちに発見できたのが~」とそちらで置き換えることができます。

早いうちにとそのまま使っても意味は同じながら、それを堅くした表現だと考えていいでしょう。

「早期に」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「早期に」は、口語、文章のどちらでも使うことができますが、どちらかと言えば文章向けの表現です。

それもビジネスシーンなどの比較的堅い場でで使われることが多く、それ以外のシーンや口語で用いる場合には、早いうちにと言い替えた方がスムーズです。

その早いうちにとは言っていますが、具体的にどれくらいの期間のことなのかまで言及していない表現のため、このように使った方が早いと思えばそれが「早期」にあたることになるので、場合によっては使われた側とのその期間の解釈に齟齬が発生することがあります。

例えば、使った方は概ね1ヶ月くらいだと考えていた時に、受け取る側は長くとも2週間程度だと思っていたといったようなケースで、これに関しては別にすり合わせる必要があります。

「早期に」を使った例文

・『完売になりました○○ですが、早期に販売を再開したいと考えています』
・『早期に何とかしたいと思っているものの、原因が分からないことにはなかなか難しい』

「早期に」の類語や言い替え

・『早急に』
「早期に」より短い期間を表す場合に用いられ、早ければその1日のうちということもあるスピード感をもった言葉です。

それだけ早くこうします、こうしたい、こうして欲しいといった用い方が主になり、口語では「さっきゅうに」「そうきゅうに」のどちらで発音しても構いません。

まとめ

「早期に」は、早いうちにと置き換えて使うことができる言葉です。

そちらの意味で色々なシーンで用いることができますが、具体的な期間については別に示さないと受け取る側との齟齬が起きる可能性があるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました