「早速のご対応ありがとうございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「早速のご対応ありがとうございます」とは? ビジネス用語

「早速のご対応ありがとうございます」とは、どのような場面で使うのでしょうか?

「早速のご対応ありがとうございます」とは?

「早速」は【さっそく】と読みます。

行動や対応が素早いことという意味になります。

この文章の「早速」の意味は、直ちに対応が早いさまになります。

「ご対応」は、相手や周囲の状況に応じて行動するという意味です。

「ありがとうございます」はお礼の言葉です。

「早速のご対応ありがとうございます」は、素早く対応してくれてありがとうという意味になります。

お願いしたことに対して、相手がすぐに対応してくれたことに感謝を伝える表現です。

「早速のご対応ありがとうございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、目上の人や、社外にも使います。

話し言葉やビジネスメールでの返信の言葉です。

目上の人に対して「早速の対応」という言葉は失礼になります。

「対応」「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがマナーですので気を付けましょう。

この言葉は、上から目線になってしまう可能性があるので注意しましょう。

相手が多忙であるのにもかかわらず、返信や対応が早かった場合に、この言葉を使用した方が良いでしょう。

「早速のご対応ありがとうございます」を使った例文

・『お忙しい中依頼したにもかかわらず、早速のご対応ありがとうございます』
・『この度は、早速のご対応ありがとうございます』
・『ご多忙の折、早速のご対応ありがとうございます』

「早速のご対応ありがとうございます」の類語や言い替え

「早速のご対応、感謝申し上げます」
「早々のご対応、誠に感謝申し上げます」
「迅速にご対応いただき、ありがたく存じます」
「早急にご対応いただき誠にありがとうございます」

まとめ

「早速のご対応ありがとうございます」は、相手の素早い対応に対して感謝の気持ちを表す言葉です。

目上の人や、上司、社外などに使います。

この言葉の前に「お忙しい中」などを付け加えるとより丁寧になります。

メールの返信が早い場合などお礼の言葉を添えましょう。

「対応」には「ご」を必ず付けて「ご対応」の尊敬語にします。

失礼がないように言葉遣いに注意しましょう。

「ありがとうございます」「感謝申し上げます」などの言い換えもできるので、色々なアレンジの仕方も覚えておきましょう。

すぐに対応してくれてありがとうというお礼の言葉を表現することによって、印象がよくなります。

依頼したことに、相手がすぐに対応してくれたことは誰でも嬉しく思います。

ビジネスシーンでは、このようなお礼の言葉はよく使います。

メール文の書き出しにお礼の言葉を書くことによって、相手も気分良く用件を読むことになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました