「早速のご返信ありがとうございます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「早速のご返信ありがとうございます」とは? ビジネス用語

ここでは「早速のご返信ありがとうございます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「早速のご返信ありがとうございます」とは?

「早速のご返信ありがとうございます」は、このように伝えるその相手からの返信に対するお礼の表現になります。

「返信」としていることから、そのようなメールがあった際に用いる表現になり、この表現もまたメールで使われるものだと考えていいでしょう。

相手からの返信になるメールに対する返答メールの冒頭で使うことになり、この表現だけでも最初の挨拶文として使うことができます。

「早速の」としているため、その返信が思ったより早かったというニュアンスを伝えることができ、早く返信してもらえて嬉しいですと言っていることになるため、相手に対してその感謝も同時に伝えられます。

どれくらいの時間で返信があればこのように使うのかといった点については特に決まりはなく、この表現を使う側に委ねられています。

「早速のご返信ありがとうございます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「早速のご返信ありがとうございます」は、相手からのメールの返信が早かったことに対して、そのように早く返信してもらえてありがとうございますと言っている表現です。

それほど早かったという訳ではなくとも、こう使っておけば相手に失礼になることはないと考えてしまうかも知れませんが、どう考えても遅かった場合に使ってしまうと、皮肉だと思われてしまうことがあるので注意してください。

よって、1日もあれば返信が可能な内容であれば、当日中やその1日が経つまでにそれがあった場合に、少し考える必要があるような内容だった時には、その内容に応じたこれくらいで返信があるだろうと思われる範囲にあった場合使うといいでしょう。

明らかに遅いといった時には、「早速の」を外して使えば返答になるメールの冒頭の挨拶文になります。

そちらであれば、失礼になることはありません。

「早速のご返信ありがとうございます」を使った例文

・『早速のご返信ありがとうございます。お早く決めていただき、感謝しております』
・『先ほどお送りしました内容に対しての早速のご返信ありがとうございます』

「早速のご返信ありがとうございます」の類語や言い替え

・『素早いご返信ありがとうございます』
こちらにしても意味は一緒ですが、堅いビジネスの場や年配の人に使うにはあまり向いていないため、そちらの場合は「早速の~」の方を使った方がいいでしょう。

ビジネスシーンよりBtoCでよく使われており、そちらのシーンではどのようなお客様に対しても失礼にはなりません。

まとめ

「早速のご返信ありがとうございます」は、相手からのメールの返信が早かったことに対してそのお礼になる表現だと覚えておきましょう。

定型的に使うことができますが、明らかにそれが遅かった時には使わないように注意してください。

タイトルとURLをコピーしました