「昨晩はありがとうございました」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「昨晩はありがとうございました」とは? ビジネス用語

この記事では、ビジネスでもよく用いられる「昨晩はありがとうございました」という一文の正しい使い方や返答の仕方、具体的な例文を挙げながら解説していきます。

「昨晩はありがとうございました」とは?

「昨晩はありがとうございました」とは、過去に相手にしてもらったことに対しての感謝の言葉です。

何かを相手からしてもらった時期は「昨晩」と明確に表現されており、日を空けてこの言葉をお礼の言葉として使用するのは不適切です。

また「昨晩はありがとうございました」は、会食や飲み会などの翌日の挨拶言葉としてもよく利用されます。

相手の貴重な時間を使い一緒に過ごせたことへの感謝を表すことは、これからの円満なお付き合いにも繋がっていきます。

「昨晩はありがとうございました」のビジネスメールや会話での使い方や返答の仕方、使うときの注意点

感謝の言葉はできるだけすみやかに伝えることが大切です。

日を空けてお礼を言っても、何に対するお礼なのか相手も混乱してしまいます。

「昨晩はありがとうございました」は、ビジネス上では夜のお付き合いのお礼言葉としてよく使われます。

速やかに前日の交流への感謝の言葉を伝えると、相手に誠実な印象を与えます。

さらに、昨晩の思い出や感想なども内容に盛り込むことで一層気持ちのこもったメールになります。

ただしあくまでお礼を言うことが目的なので、伝えるときは簡潔にします。

だらだらと馴れ馴れしい印象を与えないように注意しましょう。

また「昨晩はありがとうございました」という言葉を受け取った場合は、「こちらこそありがとうございました」と返すことで相手の感謝の意を汲み取りましたと伝わります。

「昨晩はありがとうございました」を使った例文

・『昨晩はありがというございました、大変楽しく過ごすことができました』
楽しい時間を過ごせたという感想を述べることで、定型文の挨拶ではない温かみのある言葉になります。

ビジネスメールではこのフレーズを冒頭にし、要件などを添えても問題ありません。

「昨晩はありがとうございました」の類語や言い換え

状況にもよりますが、「昨晩はありがとうございました」の類語には「昨晩は大変お世話になりました」があります。

また「昨晩はご馳走になり、ありがとうございました」のように、何に対しての感謝なのか明確に伝える言い換えも可能です。

いずれにせよ、自分の言葉で表現することが相手に好印象を持たれるポイントになります。

まとめ

「昨晩はありがとうございました」は、感謝の言葉の一種です。

なにかしてもらった晩の翌日に相手に伝えます。

要件よりも速やかに感謝を述べることで、相手に自分の誠意を示すことができます。

形式にとらわれすぎず自分らしい表現も加えて、しっかり相手に気持ちを伝えましょう。

タイトルとURLをコピーしました