「暑さ厳しき折」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「暑さ厳しき折」とは? ビジネス用語

「暑さ厳しき折」とは?

ビジネスにおけるメールや会話での使われ方や例文などを徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「暑さ厳しき折」の意味

この語句は、「厳しい暑さの時に」「暑さの厳しいタイミングで」という意です。

元々「暑さ厳しき折」というのは暑中、つまり7月の小暑から8月の立秋にかけての期間を特に表わします。

立秋を過ぎるとだんだん気温が下がっていくためです。

「折」は時・場所・状況・季節などを表わす時に用いられ、ここでは「時に」「タイミングで」といった意味になります。

多少対象期間は異なりますが、時候の挨拶フレーズの「猛暑の折」と同様の意味合いになります。

「暑さ厳しき折」のビジネスにおけるメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この語句の使い方ですが、ビジネス文書や個人宛手紙の構成は(A)頭語、(B)時候の挨拶、(C)相手の安否・自分の現状など、(D)本文、(E)結びの言葉というのが一般的です。

よって、(B)の時候の挨拶または(E)の結びの言葉として用います。

時候の挨拶で用いる際は、『暑さ厳しき折、つつがなくお過ごしのことと存じます』といった文になります。

また結びの言葉で用いる際は、『暑さ厳しき折、みなさんのご健勝とご多幸をお祈りいたします』といった文になります。

また、この語句を用いる場合には「折」の使い方に注意してください。

「~折」という言い回しをするときは、たいてい後半に伝えたい内容が続きます。

また時や季節を表わす言葉でもあるため、使用する場合は書いてある内容の季節と合致している必要があります。

「暑さ厳しき折」を使った例文

この語句を用いた言葉は定番の挨拶フレーズと組み合わせて使用することが多く、聞き馴染んだ表現で季節感のある文となります。

例文を下記に示します。

・『暑さ厳しき折、ご足労をおかけして申し訳ございませんでした』
・『暑さ厳しき折、つつがなくお過ごしのことと存じます』
・『暑さ厳しき折、お変わりありませんか』
・『暑さ厳しき折、ますますご清栄かと存じます』

「暑さ厳しき折」の類語・言い替え

この言い回しの類語や言い替え例を以下に紹介します。

・『暑さ厳しい折』
・『猛暑の折』
・『猛暑の折ではございますが』
「厳しき」「厳しい」と同じような使い方ができる言葉につき、言い替えが可能です。

「猛暑の折」という時候の挨拶も同様の意味合いのため、言い替えて使用できます。

また、「猛暑」の類語である「酷暑」「激暑」「炎暑」なども同様です。

まとめ

このフレーズは暑中見舞いなどの時候の挨拶や結びの言葉としてよく使われる季節感を感じさせる語句です。

ビジネスでも使えますので是非覚えておいて活用してください。

タイトルとURLをコピーしました