「最寄りの販売店」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「最寄りの販売店」とは? ビジネス用語

ここでは「最寄りの販売店」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「最寄りの販売店」とは?

「最寄りの販売店」は、一番近くにある該当するメーカーやブランドなどの販売店のことを指して使われている言葉です。

個人が対象のBtoCのシーンでは自宅から、ビジネスシーンで会社間で使われた際にはその会社から一番近くという意味になり、いわゆる小売店が対象になります。

あるメーカーやブランドの製品の調子が悪い、故障したといった時に、それをサポートセンターに連絡したところ、「最寄りの販売店で修理を受け付けています」と返答されたという具合で使われており、A社製のものであれば、そのA社の製品の販売を行っている小売店が対象になります。

よって、特にA社製品に特化しているお店でなくとも構わず、いわゆる家電量販店も対象になると考えていいでしょう。

そちらを除く場合にはこの表現は使わず、同メーカーの特約店といったような使い方になるものです。

「最寄りの販売店」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「最寄りの販売店」は、そこに修理になる製品を持ち込んで欲しい、またはそちらでご購入くださいなどの使い方になることが多く、そのお店を通して対応すると伝えるために用いられます。

該当のメーカーやブランドの製品の取扱いがあれば、原則的に家電量販店でも構わないため、有名なそれの中で一番近い店舗を指していることになり、「最寄りの販売店までお持ち込みいただけますか」と使われた場合には、そこまで持って行って欲しいと言われていると解釈します。

この表現自体は口語、文章のどちらでも問題なく使うことができますが、このように主として製造メーカーやブランド側が使う表現となっており、そのユーザー側から使うことはまずありません。

「最寄りの販売店」を使った例文

・『修理の受付は最寄りの販売店で行っておりますので、そちらまでお願いいたします』
・『店頭での取扱いがありますので、最寄りの販売店でご購入ください』

「最寄りの販売店」の類語や言い替え

・『お近くの販売店』
この使い方にすると、一番近くとは限定せず、近くにあるという意味になります。

実際にもこちらの方がよく用いられており、もちろん最寄りのお店もそれに入るため、それに限定するより使いやすくなっていると考えていいでしょう。

まとめ

「最寄りの販売店」は、一番近くにある販売店という意味になります。

そのメーカーやブランドのそれを指して使われており、取扱いがあれば家電量販店のような色々をそれらを混在して販売しているお店でも該当する表現です。

タイトルとURLをコピーしました