「朝夕冷えてまいりましたので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「朝夕冷えてまいりましたので」とは? ビジネス用語

ここでは「朝夕冷えてまいりましたので」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「朝夕冷えてまいりましたので」とは?

「朝夕冷えてまいりましたので」は、秋から冬になるタイミングのそろそろ寒くなってきたという時期に使われる挨拶表現です。

この後に相手の身体を気遣う表現をつけて、そのような時期だけに使える挨拶文として文末で用いられます。

秋から冬になる時期は朝、夕ともに冷え込んでくることからこのような表現を使いますが、その季節ならではの挨拶表現の1つなので、言葉の意味はあまり気にせずに11月の上旬から中旬にかけてのビジネスメールや親しい間柄での手紙のやりとりなどで用いられます。

この形でとても丁寧な表現になってるため、どこかを変えようなどとは考えずこのまま使ってください。

「朝夕冷えてまいりましたので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「朝夕冷えてまいりましたので」は、使える時期がいいところ2週間程度なので、そのタイミングでない場合は無理に使わない方がいいでしょう。

寒くなってきたと思った頃から2週間も経てば、もうすっかり寒い最中になってしまっているため、その場合にはまた適した別の挨拶表現があるからです。

ビジネスシーンではタイミング合えば、文末の締めとして季節感のある挨拶文が作れますが、それを少し外していると思った時には使うのはやめておいた方が無難です。

友人間のメールや手紙であれば、そこまで気にせずに使ってしまっても構いません。

「朝夕冷えてまいりましたので」を使った例文

・『朝夕冷えてまいりましたので、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます』

・『朝夕冷えてまいりましたので、くれぐれもお身体に気をつけてお過ごしください』

「朝夕冷えてまいりましたので」の類語や言い替え

・『寒さを肌で感じる季節になりましたので』
すっかり肌寒さを感じる季節だと表現しており、秋から冬に変わるタイミングにちょうど合う表現です。

ビジネスで使うこともできますが、どちらかと言えば親しい間柄での挨拶文に向いています。

・『日ごとに寒さが身にしみる時期になってまいりましたので』
秋冷えから冬の寒さに変わる頃を言葉でうまく表している表現です。

そのような時期なので身体には気をつけて欲しいといったこの後に続く文言も「朝夕冷えてまいりましたので」の場合と同じで、言い替え表現として使うことができます。

まとめ

「朝夕冷えてまいりましたので」は、秋から冬に変わるタイミングに使うことができる挨拶表現です。

文章の締めとなる挨拶文を作ることができ、その時期にはビジネスでもよく使われています。

タイトルとURLをコピーしました