「末永いお付き合い」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「末永いお付き合い」とは? ビジネス用語

ビジネスシーンでよく利用される「末永いお付き合い」という言葉があります。

ここではその言葉の意味や使い方を徹底解釈、レクチャーをしていきます。

「末永いお付き合い」とは?

この言葉を単語ごとにとらえていくと、「末永い」「お付き合い」になります。

「末永い」とはこの先も長く続く、「お付き合い」は相手と親しい関係を築くことの敬語表現になります。

この名詞に「お願いします」「頂く」などを動詞を加え、仕事先などの相手との良好な関係をこの先もずっと続けていきたいという自分の意思を相手に強く伝えるためによく用いられます。

「末永いお付き合い」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

よく見られる使われ方としては、メールや会話での結びの挨拶として「末永いお付き合いをよろしくお願いします」といったものです。

今後の関係性を期待する言葉なので、関係を断ちたい相手に対しては使いません。

より丁寧な印象を与えたい場合は「お願いします」「お願いいたします」「お願い申し上げます」などに言い換えるとよいでしょう。

また、相手から末永いお付き合いを求められた場合は、「こちらこそよろしくお願いします」と快く受け止めることで好印象を与えられます。

表記での注意点としては、「末永い」は別表記で「末長い」があります。

どちらも時間の長短を表しますが、期限が決められた「長い」と終わりなく続く「永い」というように、漢字本来の意味が異なります。

そのため表記としては「末永いお付き合い」が適切です。

「末永いお付き合い」を使った例文

・『今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます』
「のほど」とは、断定を避け表現をやわらげる意味があります。

付き合いという行為をこちらからお願いしているため、利用の際は丁寧に表現しましょう。

「末永いお付き合い」の類語や言い換え

言い換えとしては「お付き合い」「ご厚誼」と表現できます。

ただし、「ご厚誼」は非常に格式ばった言い方でもあるので状況によっては相手に違和感を与える場合があります。

また、「末永いお付き合い」を相手に求めたい場合は「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と言い換えられます。

少々くだけた表現ですが、「お付き合い」と明言しなくても将来的な様々な繋がりを希望していることが相手に伝わります。

まとめ

以上のように「末永いお付き合い」とは、これから先も終わりなく続く良好な関係を意味します。

主にビジネスパートナーへの挨拶として用いられます。

使用する際には前後の敬語表現に十分に注意し、これからお付き合いが続く相手に自分の真摯な気持ちが伝わるように配慮しましょう。

タイトルとURLをコピーしました