「本日より通常営業となりますので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「本日より通常営業となりますので」とは? ビジネス用語

ここでは「本日より通常営業となりますので」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「本日より通常営業となりますので」とは?

「本日より通常営業となりますので」は、それまでいつもとは違う時間で営業を行っていたお店が今日から本来の営業時間に戻すという意味で使う表現です。

よって、いわゆる時短営業や深夜営業など、世の中の情勢や季節などに合わせた営業時間をとったいた場合に用いるもので、24時間で年中無休の営業や常に決まった時間でしか営業を行わないお店で使うことはありません。

営業時間が元に戻るといった場合だけでなく、長らく休んでいたお店や会社が営業を再開する時にも使われることがあり、その場合は再開すると共に、営業する時間も通常通りのものだという意味になります。

「本日より通常営業となりますので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「本日より通常営業となりますので」は、主にお店が使う表現ですが、会社として夏休みを何日かとっていたような時にもよく使われます。

そのような場合には、予め何日から何日からが休みだと周知しているものですが、ちょうど休みが明けた日に使われます。

その日に他の会社や顧客などの外部から問い合わせがあったような際に、「本日より通常営業となりますので、土日以外でしたらいつでも構いません」などといったように用いられます。

メールなどの文章で休みが終わったことの告知に使うこともあり、その場合もちょうど休みが開けた日にのみ使うことができます。

「本日より通常営業となりますので」を使った例文

・『長らく時短営業を行っていましたが、本日より通常営業となりますので、いつもの通り17時まで営業を行っています』

・『夏季休暇をいただいておりましたが、本日より通常営業となりますので、ご来社お待ちしております』

「本日より通常営業となりますので」の類語や言い替え

・『本日より営業を再開しましたので』
こちらはそれまで休みをとっていた場合のみに使える表現です。

よって、休みではなく営業時間を変更していただけの時には使うことはできず、主にお店がそれまで休んでいた場合に使われます。

・『本日より営業時間を元に戻しましたので』
こちらは営業時間のみを変えていた場合に使われる表現です。

元に戻すは通常営業にするのと同じことなので、そのような時にはこちらを使うことも多いです。

まとめ

「本日より通常営業となりますので」は、お店や会社がそれまで休んでいた、もしくは通常とは違う時間で営業を行っていたような場合に、その日からいつもの通りだという意味で使います。

「本日より」としているように、休み明けになる日にしか使えない表現です。

タイトルとURLをコピーしました