「残念ながら参加するのが難しいです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「残念ながら参加するのが難しいです」とは? ビジネス用語

ここでは「残念ながら参加するのが難しいです」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「残念ながら参加するのが難しいです」とは?

「残念ながら参加するのが難しいです」は、それには参加できないと伝えるために使う表現です。

単に参加できないと伝えるのではなく、「残念ながら」と前にクッションをつけていることで幾分マイルドに聞こえるため、なるべく角を立てずにそれを断りたいといった場合によく用いられます。

この表現だけで、本当は参加したいのですがといったニュアンスが多少なりとも含まれていますが、それもつけて「参加したいのはやまやまですが、都合により、残念ながら参加するのが難しいです」のように使うことが多く、このような断り方であれば、よほど相手にとってその人の参加が大切になるような場合を除き、失礼になることはないと考えていいでしょう。

この表現は主に文章で用いるもので、ビジネスシーンでも普通に使うことができます。

「残念ながら参加するのが難しいです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「残念ながら参加するのが難しいです」は、先のように参加できない理由と共に使うことが多い表現です。

そのような理由から参加できないと伝えているだけでなく、はっきりとした断りになっています。

参加しないと言い切っていることになるので、このように伝えられた側から返答があったとしても、それは残念だ、またの機会になどという内容のことがほとんどですが、時には何としてでも参加して欲しいといったような旨の場合もあるものです。

そんな時にはどうしても無理であれば、もう一度それを伝える必要があります。

「残念ながら参加するのが難しいです」と使って参加しないとはっきりと伝えていても、そのまま放っておくといったことはしないように注意してください。

「残念ながら参加するのが難しいです」を使った例文

・『折角のお誘いですが、当日は別の用事が入っており、残念ながら参加するのが難しいです』
・『時間的に間に合いそうにありませんので、残念ながら参加するのが難しいです』

「残念ながら参加するのが難しいです」の類語や言い替え

・『参加を控えさせていただきます』
こちらも参加はしないと伝えるための表現になります。

「残念ながら参加するのが難しいです」と比較するとそれほどマイルド感がないため、参加しないことにそれほど申し訳ないとは思っていない、普通に断りたいので断っているといった場合に用いるといいでしょう。

まとめ

「残念ながら参加するのが難しいです」は、丁寧に参加することを断るために使われます。

申し訳ないといった気持ちが多少ながら含まれているため、角を立てずにそれをしたい場合に向いており、ビジネスでもよく使われている断りのための表現です。

タイトルとURLをコピーしました