「決める」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「決める」の敬語とは? ビジネス用語

「決める」の敬語とは?言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「決める」の意味

ここでは、「決める」の意味を解説していきます。

「決める」は、「不確かな状態から確かな状態にする」との意味で使用される言葉です。

たとえば、心を決める、価格を決める、方針を決めるのように使用します。

類似表現には、「固める」という言葉もあります。

完全に同じ意味で使用できるわけではありませんが、似たような使い方ができるのです。

いずれの場合でも、不確かな状態が確かになる事を表現しています。

そのような状態の遷移を示して、「決める」という言葉で表現できるのです。

「決める」の敬語での使い方や表現方法

それでは、「決める」の敬語での使い方や表現方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

「決める」を敬語にする場合は、「決めます」のようになります。

これは、丁寧語の「ます」を使用した表現になるのです。

また、「です」を使用する場合は、「決めるのです」「決めるでしょう」のように表現する事もできます。

さらに、「決める」という動詞で置き換えれば「決定する」と言い換える事ができます。

このようにすれば「決定いたします」のように、謙譲語の表現に言い換える事もできるのです。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「決める」の言い換えや使用例

・『今週中には、しっかりとした方針を決めるつもりです』
・『来期の方針は、まだ決まりそうにありません』
・『社内で審議にかけて、すぐにでも決定いたします』
ここでは、「決める」の言い換えや使用例を挙げています。

例文のように「決める」をそのまま使用してもよいですし、変化させて使用する事も可能です。

適切な使い方になるように、上手に使い分けるとよいでしょう。

まとめ

このように「決める」は、「不確かな状態から確かな状態にする」との意味で使用される言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました