「深謝いたします」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「深謝いたします」とは? ビジネス用語

「深謝いたします」とは?

ビジネスメール若しくは会話での使われ方や敬語の使用方法を徹底した解釈で以下に詳しく説明します。

「深謝いたします」とは?

この言いまわしの「深謝」とは「しんしゃ」と読み、心の底から感謝すること、または心の底からお詫びすることの意です。

類語としては感謝の意の場合は「拝謝」などがあり、お詫びの意の場合は「陳謝」などがあります。

「拝謝」は謹んで相手に対してお礼を伝えることで、「深謝」と同じように「感謝」の謙譲語になります。

なお、「深謝」は一般的に話し言葉では使用されず、文章での表現として用いられています。

「深謝いたします」のビジネスでのメール若しくは会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「感謝します」「謝罪します」の敬語の例の一つが「深謝いたします」です。

ただし、この「深謝」を用いた言いまわしは会話では使用せず、書き言葉としてビジネスにおけるメールや手紙などで使用します。

なお感謝の意あるいは謝罪の意を伝えるメールは時間をあけず、できるだけ早く送信することが肝要です。

その際、メールの冒頭に「深謝いたします」などの言いまわしを入れると、相手側に対して好印象を与えます。

「深謝いたします」の正しい敬語表現

「感謝します」「謝罪します」の敬語の例の一つが「深謝いたします」です。

「感謝」「謝罪」「深謝」とするだけで強い感謝または強い謝罪の気持ちが伝わる謙譲語となります。

「深謝申し上げます」も同じように用いることが可能で、「いたします」に比べて「申し上げます」の言いまわしの方がへりくだった表現のため、「申し上げます」とした方が丁寧な感じに伝わります。

「深謝いたします」を使った例文

「深謝いたします」を使用した例文を以下に紹介します。

・『度重なるお気遣いをいただき、深謝いたします』
・『格別なご配慮を賜り、深謝いたします』
上記2例は感謝の意で「深謝」を使用しているケースです。

・『ご迷惑をおかけし、深謝いたします』
・『今後このような不手際がないよう肝に銘じ、深謝いたします』
上記2例は謝罪の意味で「深謝」を使用したケースです。

「深謝(いたします)」の類語・言い替え

・『拝謝(いたします)』
・『多謝(いたします)』
・『万謝(いたします)』
・『陳謝(いたします)』
「拝謝」は謹んで礼を述べること、または恭しく感謝することの意です。

「多謝」は厚く礼を言うこと、または深く謝罪することの意です。

「万謝」は厚く礼を言って感謝すること、または深く謝罪することの意です。

「陳謝」は理由や事情を話して詫びることです。

まとめ

深い感謝あるいは謝罪の意を表わす「深謝」は馴染が薄く、少々硬い言い回しですが、ビジネスシーンで見かけることがあります。

意味や使い方を理解して使いこなせれば、表現のバリエーションが増えることになります。

タイトルとURLをコピーしました