「相談があります」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「相談があります」とは? ビジネス用語

ここでは「相談があります」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「相談があります」とは?

「相談があります」は、聞いて欲しいことがあると伝えるために使われます。

ここでの聞いて欲しいとは、単に耳に入れてくださいという意味ではなく、何かを行ったり了承して欲しいという意味になります。

つまり、お願いごとを聞いて欲しい時に使う表現で、ビジネスシーンで使われることが多く、相手は社内、他社のどちらでも構いません。

この前に「少し」「1つ」などをつけて使われることが多く、まずはその内容を聞いて欲しいというニュアンスになるため、この後に直接内容を続ける場合が多いですが、そのために時間をとって欲しい、会って欲しいといった用い方をすることもあり、口語、文章のどちらでも使うことができますが、文章の場合は落ち着いて書くことができ、長くなっても構わない点から、そのまま内容を続けて使うことが多いです。

「相談があります」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「相談があります」は、そのように使われた側は少し構えることになる表現です。

それは、これを用いずに直接聞いて欲しい内容を話す、または記載しても解釈が変わることはないのに、遭えてこの「相談があります」とつけてのお願いになるためです。

要は改めての相談といったことになるので、これがついていない場合よりきちんと判断してそれが行えるかどうかを考える必要があります。

使う側からすると、それが狙いとなり、比較的難しいと思われることをお願いする際によく用いられると考えていいでしょう。

これはプライベートのシーンで使う場合でも同様で、親しい仲でもこのようにつけてお願いをされた時には茶化すようなことはせず、きちんと対応する必要があります。

「相談があります」を使った例文

・『1つ相談があります。先の件で変更していただきたい点が出てきてしまいました』
・『折り入って相談があります。今週中にお時間を作っていただけませんか』

「相談があります」の類語や言い替え

・『お聞きいただきたいことがございます』
「相談があります」を丁寧した表現になりますが、こちらは何かを行って欲しいというより、了承して欲しいといったニュアンスになるため、そのような場合に使うといいでしょう。

また、これでは些か仰々しく聞こえてしまい、このように使われた側がより構えることになってしまう懸念があるため、語尾を少しマイルドにして「お聞きいただきたいことがあります」とする方がいいかも知れません。

そちらでも十分に丁寧に聞こえる表現です。

まとめ

「相談があります」は、行って欲しいことがあるという場合に使う表現になります。

この後にその内容をつけて使うだけでなく、そのために時間をとって欲しいといったような使い方もできるため、ビジネスで使われることの多い表現です。

タイトルとURLをコピーしました