「確認が取れ次第」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「確認が取れ次第」とは? ビジネス用語

ここでは「確認が取れ次第」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「確認が取れ次第」とは?

「確認が取れ次第」は、何かが確認できればという意味で用いられています。

「入金の確認が取れ次第、発送させていただきます」といった使い方は、ネット通販がこれだけ普及してきた昨今ではお馴染みになっており、そのようなBtoCの場面から、ビジネスでも活用されています。

その場合、「~の件については先方の確認が取れ次第、準備に入るつもりです」などといった用い方になり、ビジネスシーンには欠かせない表現と言ってもいいくらいです。

確認する内容については特に制限はなく、先の入金されたといったことから、誰かにそれでいいのかと訊ねていい返事がもらえた場合、自分で調べてそうだと分かったような時まで幅広く、それができればこの後に続けるアクションに移すことができるといった用い方をする表現です。

「確認が取れ次第」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「確認が取れ次第」は、逆に言えば、それができなければこの後に続けるアクションには移せないとも解釈することができます。

つまり、「ご予約の確認が取れ次第、入場していただけます」と使った時には、予約が確認できなければ入場することはできないと言っているのと同じになるという訳です。

よって、そのような逆説的な解釈で考えると、そうしないことにはこうはできないといった使い方ができる表現だと言うことができます。

何かの確認がトリガーになっていて、それによってこうなる、こうすることができると伝えるための表現だと考えると分かりやすく、いくつかのステップを経て次の段階に進んでいくような場合に、都度この表現が使われることも少なくありません。

「確認が取れ次第」を使った例文

・『結果の確認が取れ次第、順次それを発表していきます』
・『性能試験の確認が取れ次第、製品として量産するつもりです』

「確認が取れ次第」の類語や言い替え

・『確認が出来次第』
このように使っても意味が変わることはなく、「確認が取れ次第」と同じように使うことができます。

ただし、そちらと比べて少々カジュアルな表現になるため、ビジネスシーンでは「確認が取れ次第」と使う方が向いています。

ですが、こちらを使っても特に失礼になることはありません。

まとめ

「確認が取れ次第」は、何かの確認ができればこうなる、こうすることができるといった意味で使われる表現です。

ビジネスシーンで用いられることも多く、それができないことにはこの後に続けるアクションには移せないといった解釈で広く使われています。

タイトルとURLをコピーしました