「社員一同心よりお待ちしております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「社員一同心よりお待ちしております」とは? ビジネス用語

ここでは「社員一同心よりお待ちしております」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「社員一同心よりお待ちしております」とは?

「社員一同心よりお待ちしております」は、その相手の来店や購入などを会社を挙げて待っていますといった意味で使われる表現です。

よって、小売店で使われることが多く、セールのチラシではお馴染みの文言だと言っていいでしょう。

「ご来店を社員一同心よりお待ちしております」のような文章にして使うもので、もちろん本当に来店や商品の購入を待っているという気持ちを表していますが、この形のまま定型表現になるため、比較的大きなチェーン店舗では先のようなセールのチラシやホームページでごく普通にいつでも掲載しています。

つまり、そこまで想いを込めている訳ではないため、このように使ったメールを受け取ったとしても定型的に使っているだけだと解釈していいでしょう。

「社員一同心よりお待ちしております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「社員一同心よりお待ちしております」は、お客様に来てもらうための定型表現になります。

「社員」としていることから会社のアピールにもなっており、名前がそれなりに有名な大型の家電量販店などが使っているのをよく見掛けます。

口語で使うことはまずなく、前述のようなセールのチラシやホームページ上、会員に送るメールなどが使われる主な場面です。

その「社員」の部分を「ご来店」のように変えて用いることも多く、その形でも同様の使い方ができます。

あまり大きくないお店や会社自体のアピールを伴わなくてもいい場合には、そちらの方がスマートに見えて合っています。

商品を販売するだけでなく、美容のサービスを提供するお店などでも使うことができ、この表現はそのままで下に挙げるように先に「ご来店」「ご予約」などとつけて使っている例も多く見られます。

「社員一同心よりお待ちしております」を使った例文

・『只今歳末セールを実施中です。ご来店を社員一同心よりお待ちしております』
・『現在、当院では施術料金20%オフのキャンペーンを開催しています。ご予約を社員一同心よりお待ちしております』

「社員一同心よりお待ちしております」の類語や言い替え

・『スタッフ一同心よりお待ちしております』
店舗ごとのキャンペーンなどの場合、こちらを使って「当店のスタッフ一同心よりお待ちしております」のような文章にするものです。

そのような使い方に合っている表現で、会社として共通したキャンペーンではないといったケースで用いられています。

まとめ

「社員一同心よりお待ちしております」は、来店や購入を待っているとお客様に伝えている表現になります。

BtoBには向いていないため、BtoC専用の定型表現になると考えていいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました