「秋の夜長」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「秋の夜長」とは? ビジネス用語

ここでは「秋の夜長」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「秋の夜長」とは?

「秋の夜長」は、本格的に秋が始まり、冬に移り変わるまでの季節に挨拶文に使うことができる言葉です。

この時期の日照時間が短く、夜が長いことをそのまま表していることから、挨拶文だけでなく、詩や朗読文などでも秋の表現としてよく使われています。

この言葉が挨拶文にうまく使えるタイミングは、秋分の日(9月22日か23日)から立冬(11月7日前後)の間で、そのような季節のご機嫌伺いとなる挨拶に適しています。

よって、挨拶文に使う場合には文頭になり、この後に要件が続くというクッションとしての役割に過ぎませんが、「夜長」という言葉が俳句における季語ともなっており、先のように詩などの色々な文章で見掛けることがあります。

「秋の夜長」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「秋の夜長」は、あまりビジネスで使われることはなく、この言葉を使った挨拶文が使える時期でも他の表現が選ばれることの方が多いです。

それは、風流ではあるものの、使い方がほぼ決まってしまうことと、元々ビジネスで使うには向いていない言葉のため、特に若い人が無理にこの言葉を使って挨拶文を作ると、いかにも無理をしている感が出てしまいます。

そのため、比較的気心が知れている間柄でのちょっと雰囲気を出した挨拶文などに使われることが多く、ビジネスで見掛けることはあまりありません。

この季節のビジネスでの挨拶文に使うなら、以下に挙げる類似表現の方をおすすめします。

「秋の夜長」を使った例文

・『秋の夜長を感じられる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか』

「秋の夜長」の類語や言い替え

「夜風に秋の気配」
こちらを使った場合も、この後に続く文言はそのような季節に「いかがお過ごしでしょうか」などとほとんど決まってしまいます。

そのため、それほどビジネスで使いやすいとも言えませんが、この時期は暑くもなく、寒くもないシーズンのため、ご機嫌伺いにしてもあまりバリエーションがなく、こちらの方がまだビジネス向けです。

「仲秋の候」
これを使った場合、この後にすぐ「いかがお過ごしでしょうか」という使い方になります。

表現的にビジネス向けなので、この時期のビジネス文章には一番おすすめです。

まとめ

「秋の夜長」は、日照時間が短くなる秋の時期にそのような頃だと表すために使われる言葉です。

あまりビジネス向けではないため、そちら使うのはあまりおすすめではなく、その風流感から親しい間柄での手紙のやりとりや、詩などによく用いられています。

タイトルとURLをコピーしました