「立て続けにすみません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「立て続けにすみません」とは? ビジネス用語

ここでは「立て続けにすみません」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「立て続けにすみません」とは?

「立て続けにすみません」は、以前の何かしらの事柄から時間を置かずに申し訳ないといった意味で使われる表現になります。

例えば、少し前に頼みごとをしたばかりなのに、またお願いごとができてしまったような時に使われるといった具合で、その間隔に特にこれという決まりはありませんが、明らかに相手に悪いと感じた時に使うものです。

特にビジネスではそのような場合に相手を気遣う意味と共に、お詫びの表現として大切になります。

このままでは些かカジュアル感があるため、相手が親しい人間以外の場合には語尾を丁寧にして、「立て続けに申し訳ありません」とするとよく、ビジネスシーンではこの形でよく使われています。

「立て続けにすみません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「立て続けにすみません」は、短い間にまた申し訳ないといった意味で使われます。

「立て続け」の意味が“短い期間中にまた行われること”のため、それを使って作られている表現となっていますが、この「立て続け」はそのような場合以外にも用いることができ、朝に悪いことがあり、その日のうちにまたよくないことがあったような時に、「立て続けに悪いことが起こった」などという使い方をすることができます。

「立て続けにすみません」は、短い間にまた頼みごとをする場合によく使われる表現なので、使う方はもちろん、使われる側もそう感じることが多いため、この表現以外の文言も大切になります。

そのため、「先の件で大変お世話になりました後に立て続けにすみません」のように使うもので、この使い方だと前の事例のことも気遣っていることを表現できており、特にビジネスではこういった使い方をするものです。

「立て続けにすみません」を使った例文

・『先日のお願いごと後に立て続けにすみません』
・『あれだけお世話になりました後に立て続けにすみません』

「立て続けにすみません」の類語や言い替え

・『続けざまにすみません』
この「続けざま」も、短い間にまたといった意味になる言葉です。

よって、「立て続けにすみません」とほとんど変わらない使い方をすることができます。

語尾を丁寧にして「続けざまに申し訳ありません」とするとビジネス向けになるという点も一緒です。

まとめ

「立て続けにすみません」は、時間を置かずに申し訳ないという意味になり、そのお詫びに用いられる表現です。

相手を気遣って使うものもので、ビジネスでもそのような場合によく使われています。

タイトルとURLをコピーしました