「紙面の関係上」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「紙面の関係上」とは? ビジネス用語

ここでは「紙面の関係上」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「紙面の関係上」とは?

「紙面の関係上」は、主に雑誌や新聞といった紙媒体で提供されるメディアで用いられる言葉で、紙上のスペースの関係からという意味になります。

それによって何かが掲載できない、休載するといったよう使われ方になることがほとんどで、元からの構想ではなく、急にそうなってしまったという場合に使われることが多いです。

「今月号は紙面の関係上、○○は休載させていただきます」のように使った場合、今月号は他の記事などが多くなってしまったため、○○を載せるスペースが無くなってしまったと解釈することができ、ネット上のペースのとは違ってスペースの限られている紙媒体ならではの表現だと考えていいでしょう。

その紙でのやりとりでも、メディア以外が使うことはあまりなく、実質的に専門用語のようなものだと考えていいでしょう。

「紙面の関係上」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「紙面の関係上」は、主に使う側がメディアになるため、そういった業界で紙媒体で提供される対象でないと使う機会がないかも知れません。

必ずしもその中で使われる訳ではなく、ある雑誌の広告で「今週号は紙面の関係上、○○は掲載しておりません」などと用いることもできます。

その為のスペースがないといった意味から使われることになる表現ですが、その理由を特に述べることはなく、この「紙面の関係上」だけで済んでしまうため、使い勝手に優れた言葉でもあります。

そのメディア自体、もしくは先のような広告で用いられるため、それに対して不満などを伝える場合には、発行元へ問い合わせを行わないといけません。

「紙面の関係上」を使った例文

・『紙面の関係上、今週は○○は休載とさせていただきます』
・『特集記事を掲載した紙面の関係上、○○は改めて次号に掲載します』

「紙面の関係上」の類語や言い替え

・『紙面の都合から』
同じ意味で使うことができる表現です。

こちらも主にメディアが使う言葉で、ビジネスで紙媒体で相手に提供する資料などでスペースが足りないといった場合には、そのまま「スペースの関係上」「スペースの都合上」のように使うものです。

「紙面の」という表現は紙ベースであれば何でもその対象となるものの、多くの場合で雑誌や新聞などが用いる言葉だと考えておきまさよう。

まとめ

「紙面の関係上」は、雑誌や新聞などが紙上のスペースの関係からといった意味で用いる言葉です。

それによって何かができないといった使われ方になることが多いため、あまりいい意味で用いられるものでもありません。

タイトルとURLをコピーしました