「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」とは? ビジネス用語

ここでは「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」とは?

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」は、新年の挨拶になる表現です。

年賀状でよく使われるもので、「明けましておめでとうございます」といった定例の文言の後に続けて用いられています。

その他にも年が明けて初めてになる文章での連絡時に使われており、ビジネスシーンでもそのようなメールを送る際には定型となっている表現の1つです。

ただし、なるべく早い時期に使うことが求められる表現となっており、年賀状以外では新年の仕事始めにすぐに送るメールで用いるのが一般的です。

10日を過ぎてからになるともう遅いというタイミングなので無理に使うべきではなく、新年最初にすぐに送るメールや文章による連絡にだけ使うことができます。

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」は、この一年が素敵なものになりますようにといった祈りを込めて使う表現ですが、先のように定型表現の1つなので、そこまで意味自体を考える必要はありません。

使う際に特に注意点はありませんが、相手が身体的にあまり調子がよくないと分かっている時には向いていない表現のため、そういった場合にだけ気をつけてください。

新年の挨拶表現は他にも色々とありますが、いずれも相手が特に健康的に問題のない状態だということが使える条件になっていると考えてください。

それは、新年をおめでたいとしたものや、この表現のように素敵な年になるようにといったようなものがほとんどのためで、あまり調子がよくない人に対してそういった文言は適しているとは言えないからです。

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」を使った例文

・『明けましておめでとうございます。今年が素敵な一年になりますようお祈り申し上げます』
・『昨年は大変お世話になりました。今年も素敵な一年になりますようお祈り申し上げます』

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」の類語や言い替え

・『素晴らしい一年になりますよう心よりお祈り申し上げます』
同じような表現で、こちらも新年の挨拶によく用いられています。

相手が年配の人の場合には、この前に「穏やかで」とつけて使うとよく、これは「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」でも同様です。

まとめ

「素敵な一年になりますようお祈り申し上げます」は、年賀状に向いている新年の挨拶表現です。

年が明けて最初の文章による連絡時にも使うことができ、相手の今年一年が素敵なものになるようにと祈願している定型表現になります。

タイトルとURLをコピーしました